長谷川豊が視聴者をナメた滝クリ誹謗


滝川クリステルが、“斜め45度”で人気を博した『ニュースJAPAN』を降板したことが話題になっているが、メディアによっては、その理由の一つに、局内の嫉妬やイジメがあるとされていた。もともと局アナではなかったことも一因としてあるのか。記事では、もうひとつ別の理由があるようだ。



「東京スポーツ」(2009年10月2日付)では、9月26日に生放送されたフジのCS『フジテレビONE』のバラエティ番組『まる生』で、局アナの長谷川豊が行ったトンデモ発言を記事にしている。

長谷川豊は、滝川クリステルの後任に決まった秋元優里の顔写真を持ち出して次のようにコメントした。

「こいつ(秋元アナ)も、この間までやってた外人よりずっとうまいですからね。ちゃんと現場のことも分かってますし。政治家も…。僕はしょっちゅう(現場に)行ってるけれど、僕に近いくらい、よく取材に行って、勉強してますから」

「この間までやってた外人」というのは、もちろん滝川クリステルのことを指している。

この発言には

  • 後輩とはいえ、公共の電波で秋元アナを“こいつ”呼ばわりした
  • 「外国人」ではなく「外人」と表現した
  • そもそも滝川クリステルはハーフというだけで日本国籍を持つ日本人であり、かつて「あいの子」という蔑称を使ったハーフ差別と同根

といった問題が含まれる。

つまり、話したこと自体が公共の電波で表現するアナウンサーとしてまず失格。

そして、その内容も局アナとして表現べきことではない。

それをやりたかったら、おすぎとピーコのように、毒舌タレントとしてすべきではないか。

長谷川豊よ。

自分は局アナとしてたくさんの給料をもらっておきながら、スターキャスターに嫉妬するというのは、少なくとも一般視聴者からは理解を得られないだろう。

同紙によれば、長谷川豊の発言を受けて、放送に対する苦情を受け付ける放送倫理・番組向上機構(BPO)には苦情が殺到したものの、CS放送は管轄外で、実質的に野放し状態だという。

長谷川豊は、それを承知でやったのだろうが、ネットもある時代だ。

あまり視聴者をナメない方が良い。

付記

その後、長谷川豊は、2016年9月19日に更新した自身のブログで「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」などというタイトルのブログで炎上。

多くの人に批判をされても、「レギュラー週8本なめんなよ」などと開き直り、それが0本となってしまった。

しかし、その後、日本維新の会から選挙に出るとの発表があった。

そして、選挙は大敗。

一応重複立候補はしていたが、供託金まで没収されたので、そもそも復活当選の前提になかった。

さて、長谷川豊は今後どうするのだろう。

ネットでは長谷川豊の今後を注目している。

いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 -
いつも一言多いあのアナウンサーのちょっとめったに聞けない話 –

コメント

タイトルとURLをコピーしました