覚せい剤所持事件の加勢大周に有罪

東京地裁(三村三緒裁判官)は18日、覚せい剤と大麻を所持したとして、覚せい剤取締法違反罪などに問われた加勢大周に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年6月)を言い渡した。

「大麻は自ら栽培しており、常習性、依存性がうかがわれる」(三村裁判官)ので、初犯ではあるが実刑になるかどうかが注目されたが、「反省し、更生を誓っている」(同)として、これまでの判例通り執行を猶予した。

加勢は実家のある田舎に戻り芸能界は引退を示唆している。しかし、かつて北公次がいったんは和歌山に戻ったものの、暴露本の上梓、村西とおるとの出会い、フォーリーブスの復活など、結局は「芸能人」であることをやめられなかった。

さて、加勢はどうだろうか。

◆関連記事
意外としぶとい甦生タレント・加勢大周に明日はあるか

コメント

タイトルとURLをコピーしました