松本零士、"盗用発言"で二重の敗訴!?

東京地裁(清水節裁判長)では26日、槇原敬之が作詞した歌詞が、松本零士に盗用だと決めつけられことに対して、槇原が松本を相手取り、著作権を侵害していないことの確認と損害賠償(2200万円)を求めた訴訟の判決があった。清水裁判長は松本のテレビ番組での発言について名誉棄損を認め、220万円の支払いを命じた。

松本は、槇原が人気デュオ・CHEMISTRYに提供した楽曲「約束の場所」の「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」という一節について、「銀河鉄道999」の「時間は夢を裏切らない、夢も時間を裏切ってはならない」というセリフの盗用だと主張。テレビ番組で、「セリフの無断使用だ」と非難し、「槙原さんが『どこかで見聞きし、記憶に残っていたのかもしれない』と電話で謝罪した」と発言していた。

これに対して、槇原は昨年2月、賠償と著作権侵害でないことの確認を求めて提訴していた。

判決では、松本の「槇原も盗用を認めているかのような発言」が「事実ではない」と認定。その点での名誉毀損が認められたが、肝心の著作権侵害の有無は、「表現が酷似しているとは言えない」とされたものの、訴訟で松本が損害賠償請求権を放棄したため、「著作権侵害ではないことの確認」については棄却された。

著作権侵害というのは、なかなか「明確な判断」はむずかしい。それだけに、グレーではあっても発言は慎重でなければならない。その点で、松本の発言は事実ではないことまで言ってしまったわけだから論外だ。

肝心なことが明らかでないまま、言わずもがなの発言で損害賠償を請求された松本は、ひとつの事件で2度敗訴したようなものである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました