芸能プロダクション・アバンギャルドが脱税容疑

芸能プロダクション・アバンギャルド(現在は市エステートコーポレーション)が、東京国税局の強制調査(査察)を受け、2006年までの3年間で約11億4000万円の法人所得を隠して約3億4000万円を脱税したとして、同社と社長の牧野昌哉が法人税法違反容疑で東京地検に告発された。

アバンギャルドは実質的な活動のない芸能事務所・マテックやアヴァンギャルドなどとの間でタレント移籍を名目とした移籍金を支払ったり、カラ出張や牧野の個人的な旅行代金などを経費処理したりしていた。国税局は悪質な所得隠しに当たると判断したとみられる。

同社は国税局の査察が入った翌月に商号変更・事務所閉鎖と、全タレントの別会社(アヴィラ)への移籍を行なった。

同社や牧野の評判は、とにかく金にシビア、もといセコイといわれていた。それだけならいいが、脱税までしたらまずいだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました