稲垣吾郎は菅野美穂に負けているのか?

稲垣吾郎と菅野美穂が、仕事によるすれ違いと見られる理由から破局したのは昨年の暮れ。菅野は、去る1月9日に神奈川県内で行われた主演ドラマ『キイナ?不可能犯罪捜査官?』(日本テレビ系)の制作発表が、破局報道後、初の公の場登場だったが、特に何も語らなかった。

しかし、因縁というか、今季の連ドラは刑事ものの新作として、稲垣主演の『トライアングル』(フジテレビ)と『キイナ』が比較されている。演芸評論家の吉川潮は、「日刊ゲンダイ」(2009年2月4日付)で「私は『キ
イナ』に軍配を上げたい」と書いている。


 主役は菅野美穂扮する女性刑事キイナで、毎回オカルトめいた怪事件を名推理で解決する。探偵役のキャラクターとしてはコロンボや古畑任三郎、「ガリレオ」の科学者などのキャラをなぞった感があるが、菅野の好演によってそれも許そう。(中略)
 これに対して「トライアングル」は、主役級の俳優を何人も出しているのに、毎回思わせぶりなだけのシナリオがいただけない。さらに刑事役の江口洋介と稲垣吾郎が大根に見える。刑事ものに強いフジがどうしたことか。

フジの稲垣というと、『踊る大捜査線』の犯人役が印象深いが、刑事よりは悪役の方が向いているのかも知れない。

SMAPのデビューからこんにちまでの歩みは、『永久保存版 SMAP二十歳』(鹿砦社)で全てが網羅されている。ファンならずともご一読をお勧めする。


『【永久保存版】SMAP二十歳』
鹿砦社刊
B6判/272ページ/ソフトカバー装
定価1500円(本体1429円+税)
SMAP結成20周年記念出版
SMAPは、いかにして国民的グループになったのか?ーその20年の軌跡を辿る。

【同書の主な内容】
1.SMAP history(スマップ・ヒストリー)
2.SMAP personal data(スマップ・パーソナル・データ)
3.SMAP omnibus(スマップ・オムニバス)
4.SMAP data(スマップ・データ)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました