田中聖がまたやってくれた、今度はニューハーフ

田中聖がまたやってくれたようだ、『週刊文春』(2009年2月19日号)に、「ニューハーフ美女ギョー天告白 私を4回抱いたKATーTUNメンバー」というタイトルの記事が出ているが、「メンバー」とは田中のことである。

記事によれば、田中は今から1年半前に、タレントの「押切もえ」似でスタイルの良い「ニューハーフ美女」のA子さんと関係をもったが、当時彼はA子さんが”そういう「女性」”であることに気付かなかったという。


 A子さんには、田中の一連の行動は随分と慣れた感じがしたという。
「エッチ自体は長くはなかったですが、ワンマンで『オレが気持ちよければ良い』って感じでした。『舐めて』といわれたので舐めると、『上手いじゃん。よくこういうことするの?』。私が上に乗ると、『やべっー、エロい』。『(コンドームを)つける!』と聞かれたので、私は『別にいらない』と答えました……。
 エッチが終わってしばらくすると、『明日、早いから、また今度、遊ばうよ。携帯を教えて』というので、番号交換をしました。聖クンは慣れた感じだったので、こういう経験が何回もあると思いました」(中略)
 自宅マンションでインターホン越しにA子さんについて尋ねた。
「全然分かんないです。二年も前ですし……」
 約三時間後、マンションから出てきた革ジャン姿の田中を改めて直撃すると、「そのことは、事務所を通してもらわないとダメなんで……」と硬い表情を浮かべて足早に去った。
 ジャニーズ事務所に質問したが、締め切りまでに回答はなかった。

2人の睦み合いと直接関係はないが、A子さんが「KATーTUNってメンバーの仲が悪いんじゃないの?」って聞くと、田中は「実はそんなに仲良くないよ」と認めたという件も興味深い。

それにしても、田中の反応がだんだんつまらなくなってきた。「そのことは、事務所を通して」なんて、紋切り型のコメントは似合わないだろう。

『サイゾー』(2009年1月号)には、「スキャンダルに隠されたカツン田中の深イイ話」という記事が出ている。親孝行、家族思いで障害者の福祉に熱心な「情にもろくて優しい」ことがその内容だ。

こんなお騒がせを繰り返しても彼がタレント活動を続けられるのは、そうした一面があるからだ。さんざんヤンチャをしてきたのだから、コメントも破天荒なものをお願いしたい。「情にもろくて優しい」奴のコメントを、ファンならずとも好意を持って聞いてくれるだろう。

田中の「情にもろくて優しい」「深イイ話」については、『Jマニア93』に詳しく書かれている。ご一読いただきたい。


『Jマニア93』
ジャニーズ研究会=編
A5判/カラーグラビア16ページ、本文108ページ
定価800円(本体762円+税)

【巻頭カラーグラビア】
★SMAP みっ?け!!!
★??? この違和感! TOKIOリセッタコンビにつき まとう微妙な距離
★『スクラップ・ティーチャー?教師再生?』番宣して一桁!?
★2010年元旦、再び赤坂に灯りは点るのか?
★連載グラビア キラキラ最新Jr.

【特集】
ジャニーズタレント、冷や汗事件の真相

【特別企画】
SMAPの存在意義

連載●NEWS News/KAT-TUN情報局/関ジャニ∞かわら版/Hey! Say! JUMP/ジャニーズ生写真館/ダークサイドJマニア/ジャニタレドラマ&映画徹底分析/ぶっちゃけ発言拾っちゃえ!!/ジャネット発!マユツバJちゃんねる/なかやまうんすいジャニーズ名前占い/ジャニーズ今月の活動日誌/ここで会える!SCHEDULE CHECK/ジャニーズ美しき名言・格言集10/これだけは知っておきたーい! ジャニーズ豆知識/カルチャーナビ/CMチェック/おたよりコーナー/「友達募集」etc.

【参考図書】

『ジャニ?ズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニ?ズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニ?ズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニ?ズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました