草なぎ剛は「草」なぎだから「草食男子」?

いわゆる結婚相手紹介業のパートナーエージェントでは、30代の未婚男女400名に向けて「草食男子と肉食女子に関する意識調査」を実施した結果を5日付けの同社サイトで発表した。


「草食男子」というのは、「異性に縁がないわけではないのに、自分から積極的に求めるわけでもなく淡々としている男性をあらわす言葉」で、最近20代?30代に増えているという。一方、「肉食女子」とは「恋愛や結婚相手を積極的に『狩り』に行くという言葉」だそうだ。

そのアンケートで、「草食男子」「肉食女子」でイメージするタレント、そして「草食男子&肉食女子」でイメージする有名人カップルを挙げてもらったところ、次のような結果が出たという。

草食男子タレント第1位は男女ともに(堅実で恋愛しなくても平気そう・中性的・自我がなさそう)などの理由で「草なぎ剛」を選んだが、男性が2位以下を大きく引き離した圧倒的多数で選んだのに対し、女性は僅差で2位に(優しそう・植物っぽい・役柄がそうだから)という理由で「瑛太」を選んでいる。これは「草食男子」という言葉の知名度が高い女性の方が、そこからイメージするバリエーションも多いからとも考えられる。
また、肉食女子タレント第1位は男女で意見が分かれ、男性は(恋愛報道が常にある・積極的)として「山本モナ」を、女性は(女豹という言葉がよく似合う・色気がある)として「杉本彩」を選ぶ結果となった。「肉食女子」を、男性はスキャンダラスなイメージで捉え、女性はセクシーなイメージで捉えているとも言えそうだ。
一方で「草食男子&肉食女子」のカップルとしては、最近話題になったカップルを抑え、「木下博勝 & ジャガー横田夫妻」が1位となった。(奥さんの方が強そう・旦那さんが殴られているから)など、本来の「草食男子」の定義から外れる部分もあるが、カップルとして見たときのインパクトは強いようだ。

山本モナはともかく、草なぎは女性スキャンダルがないことと、独身であることからそうイメージしたのだろう。何にせよ、名前が出るということはタレントとしてはありがたいことだ。

SMAPのデビューからこんにちまでの歩みは、『永久保存版 SMAP二十歳』(鹿砦社)で全てが網羅されている。ファンならずともご一読をお勧めする。


『【永久保存版】SMAP二十歳』
鹿砦社刊
B6判/272ページ/ソフトカバー装
定価1500円(本体1429円+税)
SMAP結成20周年記念出版
SMAPは、いかにして国民的グループになったのか?ーその20年の軌跡を辿る。

【同書の主な内容】
1.SMAP history(スマップ・ヒストリー)
2.SMAP personal data(スマップ・パーソナル・データ)
3.SMAP omnibus(スマップ・オムニバス)
4.SMAP data(スマップ・データ)

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました