生田斗真が『魔女裁判』主演、売れっ子ぶりの陰で見え隠れする事務所とテレビ局の駆け引き

「サンケイスポーツ」(3月11日7時51分配信)では、生田斗真が裁判員制度を扱うドラマ『魔女裁判』で主演することを報じている。


ジャニーズ事務所所属の俳優、生田斗真(24)が、4月25日スタートのフジテレビ系「魔女裁判」(土曜後11・10)で主演することが10日、分かった。単独で連続ドラマ主演を務めるのは初めて。5月から導入される裁判員制度が初めて連ドラのテーマになることも注目。生田は「制度に興味を持ってもらえる作品になれば」と意気込んでいる。

 一般市民が裁判員として審理に参加する新司法制度導入を5月に控え、進境著しいイケメン俳優が裁判員を演じる。(中略)

 役どころは、社会事象には関心が薄いフリーターという、どこにでもいそうな普通の若者。たまたま裁判員に選ばれるという設定だ。

 役作りも兼ねて裁判の傍聴もした。「厳格な場だと改めて感じたし、5月からは他人事ではなくなると思うと複雑な気がした」と生田。「(ドラマの)社会的反応も大きいのでは。すごく身の引き締まる思い」と、責任感を胸に撮影に臨む。


生田の事務所内での立場はまだ「ジャニーズJr.」である。しかし、ドラマの実績は『 花ざかりの君たちへ?イケメン♂パラダイス?』『魔王』など近年メキメキ上昇株だ。

「素直に驚いたと同時に、責任感と色々な気持ちが入り乱れてきた感じ」と冷静に話す生田斗真のキャスティング裏話については、『Jマニア94』(鹿砦社)が報じている。

もともと、テレビ朝日の『歌のおにいさん』は生田にオファーがあった。そのことが絡み、ジャニーズ事務所と局側ではいろいろあったようだ。詳しくは同誌をご覧頂きたい。


『Jマニア94』
ジャニーズ研究会=編
A5判/カラーグラビア16ページ、本文108ページ
定価800円(本体762円+税)

★NEWSの化学変化!
★哀愁のKinKi Kids
★”原作マンガのドラマは、数字が獲れるっていったじゃん!”
なのにどうして? この体たらく!! ダメダメ伝説を更新し
続けプライド、ズタズタの亀ッチはどこへゆく
★連載グラビア キラキラ最新Jr.

【特集】
ジャニーズタレントのトリビア
“ジャニーズ事務所初めての○○”

【特別企画】
のひみつ??こんな世知辛い世の中に輝いてしまう彼らこそが、本当のアイドル

連載●NEWS News/KAT-TUN情報局/関ジャニ∞かわら版/Hey! Say! JUMP/ジャニーズ生写真館/ダークサイドJマニア/ジャニタレドラマ&映画徹底分析/ぶっちゃけ発言拾っちゃえ!!/ジャネット発!マユツバJちゃんねる/なかやまうんすいジャニーズ名前占い/ジャニーズ今月の活動日誌/ここで会える!SCHEDULE CHECK/ジャニーズ美しき名言・格言集10/これだけは知っておきたーい! ジャニーズ豆知識/カルチャーナビ/CMチェック/おたよりコーナー/「友達募集」etc.

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました