堂本光一、「記憶より記録」で今度は"森繁超え"

「デイリースポーツ」(3月13日9時35分配信)が、堂本光一の「森繁超え」を派手に報じている。


KinKi Kidsの堂本光一(30)が12日、東京・帝国劇場で主演舞台「Endless SHOCK」の626回目の上演を迎え、俳優・森繁久彌(95)が「屋根の上のヴァイオリン弾き」で樹立した、帝劇での単独主演公演回数の記録を23年ぶりに更新した。2000年11月の初演から8年5カ月で”森繁超え”の偉業を達成し「皆さんの温かい拍手に励まされ、ここまで来られた」と喜びをかみしめた。
(中略)
 舞台「放浪記」の2000回上演を今年5月に控える女優・森光子(88)からもお祝いの花束が届けられた。森の上演記録の半分にあたる1000回も射程圏内に入った。スタッフからも「あと5年このペースでやれば1000回」と期待の声が出ている。「まだまだ期待していただけるなら、自分もできるだけやりたい。いくらでも」と次なる目標に意気込んだ。劇中で描かれている「Show Must Go On!」の精神。これからもそれを体現していくつもりだ。

ジャニーズタレントはいろいろいるが、KinKi Kidsほど「記録」にこだわるタレントはいない。

2007年末の公演、「We are ?n’ 39!! and U?」では「最多東京ドーム公演数」(30公演)を数えた。これは単独アーティストによる最多公演記録数の更新という。

また、オリコンによると KinKi Kidsのシングル『約束』(通算28枚目)が、発売1週目で17・1万枚を売上げ、2月9付週間シングルランキングで首位に初登場。1997年7月のデビュー曲『硝子の少年』から、28枚のシングル全作品で首位を獲得し、KinKi Kidsご自慢のギネス公認記録(デビューからのシングル首位連続獲得作品数記録)とともに、オリコン歴代1位記録である『デビュー年からのシングル首位連続獲得年数記録』も13年連続に更新したという。

ちなみに、ファンならご存じだろうが、堂本光一は資格マニアでもある。

しかし、正直な所、このコンビの歌を知っている国民は熱心なファン以外まずいない。SMAPは知っていても、KinKi Kidsは知らない、という人も大勢いるだろう。

要するに、ジャニーズ事務所は、彼らの売り出しについて、「記憶よりも記録」で勝負させているのだ。

一説には、このコンビは(「バラエティに不向きなタレント」『みんなのジャニーズ』でばんびーな堂島)という。

オリコンの実績については、ファンの間でも様々な見解がWeb掲示板で書かれている。今回の舞台についても、たんに回数だけで「森繁超え」などということに異議を持つ人がいてもおかしくない。

ただ、いずれにしてもそれだけの数字を作るパワーと、何であれ記録を作って箔をつけ話題になる、ということを徹底するジャニーズ事務所の方針には敬意を表したい。ギネスも「載った者勝ち」なのだ。

KinKi Kidsについては、『KinKi Kids スペシャルガイド』(鹿砦社)や、『100%KinKi Kids』(鹿砦社)に詳しい。


『KinKi Kids スペシャルガイド』
ジャニーズ研究会=編
B6判/192ページ/カバー装
定価1000円(本体952円+税)

デビューから10年過ぎたKinKi Kids?ふたりの生い立ちから現在に至る軌跡を総まとめ。この10年余り、じっくり取材してきたジャニーズ研究会がおくる剛と光一の青春物語。

【主な内容】第1章◎なんでもQ&A/第2章ふたりの足跡/第3章◎/KinKi Kids伝説/第4章◎KinKi Kids出演ドラマロケ地おっかけマップ/第5章◎スキャンダルの真相


『100%KinKi Kids』ジャニーズ研究会=編
定価1,050円(本体1,000円+税)
 
これであなたもKinKiマニア!
KinKi Kids伝説/ふたりの足跡/なんでもQ/GOSHIP WORLD/ スキャンダルの真相/KinKi Kids名言集/ロケ地おっかけマップ/コラムKinKi Kidsのお友達
などなど、KinKiを知り尽くす内容の数々!

コメント

タイトルとURLをコピーしました