櫻井翔のヤッターマンはなぜ健闘しているのか

櫻井翔が主演する『ヤッターマン』が、春休み映画の大本命『ドラえもん』相手に大健闘していることを「日刊スポーツ」(3月22日10時12分配信)は、報じている。



嵐の櫻井翔(27)が21日、主演映画「ヤッターマン」(三池崇史監督)大ヒット記念舞台あいさつを東京・丸の内ピカデリーで行った。同じ7日公開の「ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史」を抑え、2週連続で興行収入ランキング1位をキープ。海外からオファーも相次ぐなど、勢いづいている。
 「ヤッターマン」は7日に公開され、興行収入は13億円8000万円を記録。観客動員数は120万人を突破した。日活は「GWまで公開していき、目標は50億円」と鼻息を荒くするほどのヒットとなっている。(中略)
さらに、日活は欧州やアジアなど海外約30カ国から配給オファーがあることも明かしたという。「欧州では原作が放送されて認知度が高いことや三池監督の知名度から、アジアでは嵐人気から注目度が高いのでは」とみているそうだ。

国内でいえば、櫻井翔の人気もさることながら、深田恭子のドロンジョに対する前評判が高かったことも大きいのではないか。

最近のテレビがつまらないという反動から、CSで放映されている70年代、80年代の作品(時代劇を含むドラマ、アニメなど)が再評価されている。『ヤッターマン』という作品と、深田恭子というキャラクターから、当時の作風を壊さずに突き抜けた面白さを現代的に再現してくれるという期待があったように思う。

いずれにしても、「売れる物を制作・配給する」というのは何よりだ。「興行収入ランキング1位をキープ」というのは評価すべきだろう。

3月10日、嵐の櫻井翔のワンコイン写真集が出た。その名も『ミニマム嵐 櫻井翔』(鹿砦社)だ。64ページの中に、未公開ショットばかりがたくさんつまっている。ファンはご一読をオススメする。


『ミニマム嵐 櫻井翔』
ジャニーズ研究会=編
文庫判/64ページ/オールカラー
定価500円(本体476円+税)

今やジャニーズNo.1の人気グループとなった【嵐】?その魅力をメンバー一人ひとりのワンコイン写真集としてお届けします!!
あなたのマツジュン、君のニノ……がいつもそばにいます!!

【こちらもヨロシク】

『とれたて嵐』
新書判/カバー装/208ページ/定価1000円(本体952円+税)
ジャニーズ研究会=著
これ一冊で「嵐」の全てがわかる!

本書は、「嵐」がデビューした1999年から2007年の最新情報に至るまでを編年体で、「嵐」の活動と、その成長過程を網羅した。
1999年に結成されてから8年にわたる「嵐」の歩みを振り返る。マスコミに採り上げられない日はないというまで広い支持を獲得し、活躍の場はアジアをはじめ世界にまで広がっている。
ジャニーズのタレントの中で最もインテリジェンスあふれる「嵐」の人気の秘密を、「嵐」結成以前のジュニア時代からウォッチングしてきたジャニーズ研究会と鹿砦社が、『100%嵐』『嵐の秘密』(現在品切れ)に続き送る”究極の「嵐」本”!! ”嵐語録”でつづる5人のストーリー


『嵐TORETATE写真館』
ジャニーズ研究会=編
A5判/112ページ/オールカラー/カバー装
定価1300円(税込)

日本のエンターテインメント界に新たなるアイドル像を指し示し続けて9年。本格的なアジア進出をはじめ、今ひとつの大きなエポックにある[嵐]の魅力に迫った最新PHOTO-BOOK!!

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました