草なぎ剛は丸坊主になるのか?

もうすでに報道されていることだが、備忘録として草なぎ剛の記者会見の中身を書き込んでおこう。


草なぎ 大人として恥ずかしい行動を起こしてしまいました。本当に申し訳ありません。

矢田次男弁護士 埼玉県の実家にいて、夜の9時ぐらいに本人が一人で東京の自宅近くの居酒屋で焼酎を飲んだ。午後10時に閉店の店だったので、ご主人とそこで働いた従業員の女性と3人でお店で飲んでいた。主として焼酎を飲んでいた。

 何時か本人が分からない。時間の感覚がなくなってもろもろいろいろなことを推測していきますと午前2時かそこいらに家に帰ろう、出ようとしたが、家に向かう途中に、公園に行った。3人でバーに寄ったというのは、言われてみれば行ったのかもしれないという程度。ひょっとしたら、公園に寄ったのかもしれません。警察からも聴いていないからよく分からない。本人は記憶がほとんど無い。その場の雰囲気で、何かのきっかけで気分が高揚して、歌をうたったり、声を出しているうちに服を脱いでしまった。

 自分の家と勘違いしている気もするが、本人はよく覚えていない。気分が高揚してそうなったようです。むしゃくしゃしていたという事実はない。

 本人はこれらの事実を認め、記憶のある限り説明しており、社会人として恥ずかしいことをしたと深く反省している。本人の芸能活動としては当面自粛します。今後は、関係各位と協議し、今回の処分を見て決める。また知らせようと思います。

??お酒はどのくらい?

草なぎ たくさん飲むのですが、飲む量は決まってない。自分が分からないぐらい飲んでしまうことがある。

??記憶にない?

草なぎ はい。

??気づいたのは?

草なぎ 意識がなくなって、次に意識があったのは警察。まだ酔っていたので夢なのか現実なのか分からない状況でふわふわしていた。

??赤坂署を出たときにはまだ酔っていた?

草なぎ そうですね。お酒も残っていたので、睡魔もあるし、酔っていました。

??立場を理解していた?

草なぎ 留置所に入れられていたので、寝ることしかできなかった。睡眠をとると回復してきて、大変なことをしたなと実感した。ファンのみなさんのことを一番に考えました。

??心配なことは。

草なぎ メンバーとはまだ会っていないけれど、連絡は取りました。体を気遣ってくれて。僕は本当に迷惑をかけてしまったので、ごめんなさいと話しました。

 中居くんから話した。木村くん、吾郎さん、慎吾にかけました。みんな僕の体を気遣ってくれていて。僕の言葉もしっかり聞いてくれて。今日会見があるので、その後のことはまたみんなで考えれば。大丈夫だよと優しい声をかけてくれました。

??(SMAPのメンバーと連絡を取って)どう思った?

草なぎ 恥ずかしい、申し訳ないという気持ちです。こういう経験は初めてだったので、気分が悪くなってしまい、夜中に病院で点滴をしました。

??記憶がなくなったことは?

草なぎ 外で裸になったことはありませんでした。メンバーの慎吾とパンツ一枚になったことはあります。

??まずいと思ったことは?

草なぎ ありました。(注意されたことは)ありました。

 飲み過ぎるので。体にもよくないし。今日みたいな事件が起きることをメンバーは考えていてくれたと思うけど、僕がきちんと受け止められなかったことをすごく反省しています。

??ビニールシートの時は?

草なぎ 夢か現実か分からなくて。あまり覚えていません。

??お酒との付き合い方は?

草なぎ 今は飲む気がありません。僕が成長して、大人になって。お酒を飲むと楽しい話もできるので、大人としてお酒を飲めるようになる日がくれば、と思っています。

??肝に銘じていなかったのか?

草なぎ たくさんのファンがいらっしゃるので、僕はSMAPの一員としてしっかりしないといけない。子供からお年寄りまで応援していただいているので、自覚はあるんですけど。

??飲み方だと思うのだが。

草なぎ (自分を)見失ったとしても、迷惑をかけないようにしないといけないと思う。

??ストレスになっていたのでは?

草なぎ ストレスもプレッシャーもありません。元々お酒が好きだったので、ごく普通に仕事が終わった後に飲みたいと。

??いつもは?

草なぎ 飲まないときもありますし。一杯で終わるときも、何杯も飲むときもあります。そうですね。いつもよりも多かった。

??なぜ多くなった。

草なぎ 普段とは変わってないんですが、楽しかったので飲み過ぎてしまって。脱ぐこともめったになくて、初めてだったので。

??クリーンなイメージがあるのだが。ファンにメッセージを。

草なぎ 本当にいつも応援してくれているファンの気持ちを期待を裏切ってしまい、申し訳ないと思っています。

??韓国のファンに(メッセージを)。

草なぎ 日本以外のファンのみなさんにも心配とご迷惑をおかけしました。本当に今は申し訳ないとしかいえません。

??事実関係は?

草なぎ ビールを5杯飲んで、焼酎を3杯飲んで、そこまでは記憶があります。時間は覚えていません。

??芸能活動ができない可能性があるが。

草なぎ つらいです。仕事がしたいです。

??復帰を望むファンの声には。

草なぎ すごく温かい言葉で、うれしいんですけど、反省しないといけないので、今度いつ(芸能活動を)再開するかは分かりません。(4月24日21時45分配信 毎日新聞)

矢田次男というのは、のぞみ総合法律事務所を開いている弁護士である。バーニングが藤原紀香の記事で鹿砦社を訴えた裁判も、のぞみの強い勧めで訴訟したという話もある。さらに吉本の代理人までつとめている。忙しいことだ。

のぞみは、奈美悦子の「乳首裁判」では、奈美の代理人をつとめた。被告の弁護士をテレビカメラが回っているところでは「懲戒請求する」と居丈高に責め立てながら、裏では和解を持ちかけていたことを、当時の被告側の弁護士が暴露している。

さらに、のぞみは、いしだ壱成の薬物事件でも代理人を務めたが、このときは争う余地なしだったので、いしだはひたすら反省の態度を示した。丸坊主になったことを覚えている人もいるだろう。

さて、今回の草なぎ剛も弁解の余地なしだが、果たしてどのような「反省の態度」をとるだろうか。いしだと同じように丸坊主にでもなるのだろうか。

いしだ壱成や稲垣吾郎など芸能人やスポーツ選手の事件については、『平成の芸能裁判大全』(鹿砦社)に背景や裁判の様子が詳しく書かれている。


芸能裁判研究班[編著]
鹿砦社刊
A5判/200頁/並製
定価1,500円+税

なぜか軽んじられる芸能裁判??本書は平成に入ってからの主な芸能裁判と採り上げ、詳細に解説を加えた初の試み。A級の史料的価値!! 岡留安則『噂の真相』編集長、文藝春秋法務部、日弁連「人権と報道に関する調査研究委員会」へのインタビュー収録。大衆ジャーナリズムの反映としての芸能裁判の持つ意味を究明!!大衆ジャーナリズムの反映としての芸能裁判の意味を本格的に解明する初の試み!!

【同書の内容】
■第一章 
人権(名誉棄損、肖像権など)
ジャニーズ事務所/デヴィ夫人/稲垣吾郎/花田勝/川崎麻世/大原麗子/藤田憲子/尾崎豊夫人/芳村真理/野村沙知代/和泉元彌/貴乃花親方

■第二章
金銭トラブル
ライジングプロダクション/野村沙知代/織田無道/佐久間良子/石川さゆり/島田楊子/泉ピン子/美川憲一/大西結花/松方弘樹/坂田利夫

■第三章
薬物事件
江木俊夫/槇原敬之/いしだ壱成/中島らも  ほか

■第四章
再犯・再々犯
克美しげる/豊川誕/田代まさし/翔(元横浜銀蝿)/西川隆宏(元ドリームス・カム・トルゥー)/藤井モウ(元大川興業)/岡崎聡子

■第五章
その他
梅宮辰夫/加勢大周/沢田亜矢子・松野行秀/鈴木亜美/千堂あきほ/萩原聖人/横山ノック/飯島直子/久保純子/清水国明/清水ひとみ/鈴木保奈美/せんだ光雄/そのまんま東/名高達男/原仁美/坂東玉三郎/堀ちえみ/松田聖子/奈美悦子

■第六章
表現の自由と人権について インタビュー
眞田範行(日弁連「人権と報道に関する調査研究委員会」委員)
岡留安則(『噂の真相』編集長)
文藝春秋社長室 法務・広報部

コメント

タイトルとURLをコピーしました