草なぎ剛の「フルチン絶叫事件」で、また一人ジャニーズ事務所のスタッフが脚光

SMAP・草なぎ剛の「フルチン絶叫事件」について、「日刊ゲンダイ」(2009年5月4日付)では、事件の対応に迫られた「総務部幹部」である毛利今朝男について言及している。


ジャニーズはマスコミ対応の窓口を絞っていて、通常であればS取締役やSMAPの生みの親である?女史が出張る。ところが、ドル箱タレントの一大事に矢面に立ったのは、ジャニーズ担当記者さえ知らない毛利氏だった。ジャニーズ事務所本体や関連会社の役員名簿を見ても、毛利氏の名前は見当たらないが、一体どんな人物なのか。
「定年退職まで警視庁に勤めた警察OBです。草なぎの謝罪会見で横にいたヤメ検の矢田次男弁護士が警察対策でジャニーズに引っ張ったといわれています。そういったいきさつがあるので、表に名前が出ることは極力避けているようです。」(前出の芸能関係者)
「I女史」とはいわずとしれた飯島三智、「S」というのは、ジャニーズタレントに都合の悪い報道が出そうになると、マスコミに対して、「やるのぉ? やらないよねぇ?」という「やめてよ電話」をかけまくることで業界ではお馴染みの白波瀬傑のことだろう。いつの間にか役員になった。さらに、同事務所の脱税疑惑のときに名前が出てきた伊豆喜久江もいる。

これからは、この毛利も「有名人」になりそうだが、それにしても、職員まで斡旋するとは、矢田次男弁護士の同事務所に対する食い込み方というか、関わりは深いようだ。


『徹底解明 草なぎ剛 ぼくの生きる道』(鹿砦社)
ジャニーズ研究会=著小B6判/192頁
定価998円(本体950円+税)

国民的アイドルSMAPの中で最も遅咲きの草なぎ剛──その生い立ちから現在。優しさと硬派の二つの素顔が同居する草なぎ剛の魅力を徹底解明!!
■主な内容■
プロローグ
第一章◎少年時代から掘越卒業まで
第二章◎芸能界でブレイク
第三章◎ひとまわり大きい役者に成長

◆草なぎ剛・フルチン絶叫事件関連記事
草なぎ剛の「フルチン絶叫事件」は結局起訴猶予
草なぎ剛「フルチン絶叫事件」で中居正広はやっぱり怒っていた!
草なぎ剛「フルチン絶叫事件」に鹿砦社が見解
草なぎ剛の「フルチン絶叫事件」をビートたけしが援護
草なぎ剛「フルチン絶叫事件」の裏事情とは?
草なぎ剛の「フルチン絶叫」とSMAPの今後
“草なぎ剛フルチン絶叫事件”の裏でまたやっちまった!
草なぎ剛は丸坊主になるのか?
草なぎ剛の事件で蒸し返される稲垣吾郎の”あの事件”
草なぎ剛が公然わいせつ容疑で現行犯逮捕

コメント

タイトルとURLをコピーしました