三宅健は大相撲の広告塔になれるか?

「東京スポーツ」(2009年5月28日付)には、V6・三宅健のおかげで「普段、相撲を見ない10代の若い女性たちがテレビにかぶりつき」になり、大相撲千秋楽中継の視聴率が25%を超えたという記事がある。


実は、V6の三宅健(29)が大相撲観戦に行くという情報が事前にネット上に流れ、三宅ファンが一斉にチャンネルをNHKにしたらしい。結果、千秋楽の視聴率が一気に跳ね上がったとNHKサイドは分析した。
 事実、大相撲夏場所を観戦する三宅の映像がNHKのカメラに映り込むこと数回。秒数にすると計30秒以上も全国に放送されていたのだ。
同紙は、三宅の口癖が”体格に恵まれていたら力士になりたかった”(制作関係者)ことも紹介している。

いまどき、力士になりたいなんて奇特な人物ではないか。

もっとも、「日刊ゲンダイ」(2009年5月20日付)では、「両者の思惑が一致した結果」と、三宅とNHKの関係を指摘していた。

V6で話題になるのは昨年、瀬戸朝香と結婚した井ノ原快彦や演技力が高く評価されている岡田准一。三宅はかつて安室奈美恵との交際で注目されて、今はエバラ「黄金の味」のCMが有名だが、最近は目立たない。金曜深夜番組「新知識階級 クマグス」(TBS)の朝から酒を飲むコーナー「朝呑みクマグス」が人気だったが、草なぎ剛の飲酒全裸騒動の影響なのかNG状態。三宅には売りが必要だ。
 一方のNHK。ジャニーズのタレントが相撲を見てくれることは大歓迎だ。盛り上がりに欠ける今場所は三宅に対する期待があるだろう。NHKに聞くと「(三宅のことは)まったく意識していません。中継は彼がいるからどうこうはありません」(番組広報部)というのだが。それでも、一般には手に入らない席でアイドルが堂々と観戦している映像は奇妙だ。
まあ、相撲オタクが得意分野で人気回復を狙い、シゴキと八百長問題でイメージが悪くなっていた大相撲が注目され、みなさまのNHKが明日を担う若い世代に視聴されるなら、みんなWINで文句つける筋合いではないのだが。

三宅と安室の熱愛の経緯については、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました