山下智久と北川景子の"月9ドラマ"初回視聴率は15.5%

NEWS・山下智久、北川景子が出演する新”月9ドラマ”『ブザー・ビート』(フジテレビ系)の第1話が13日に放送され、視聴率が15.5%(ビデオリサーチ調べ 関東地区番組平均)だったと報じられている。


「月9」という枠で言えば、おそらくは「物足りない」という評価が出るだろう。

しかし、この夏は、フジテレビがジャニーズタレント主演のドラマを3本も放送する。ただでさえ、ジャニーズでは視聴率が取れなくなったといわれている時に、そのような偏重ぶりを見せつけられては、視聴者はますますジャニーズ離れを起こすのではないか。

ちなみに、山下主演の「月9」といえば長沢まさみとの『プロポーズ大作戦』(2007年4月)が平均視聴率17・3%(関東地区・ビデオリサーチ社調べ)だった。

北川とは明大コンビと言われ、熱愛騒動もあるが、正直言って二宮和也と長沢まさみのようにスポーツ紙の一面を飾ることは出来ないだろう。

その山Pと北川なら、15.5%というのは「まあ、そんなもんだろう」という見方が妥当ではないのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました