NHKオキニの中居正広、今度は戦争番組ナビに

SMAP・中居正広が、NHKの夏の戦争特集番組のナビゲーターを務めることが報じられている。


中居がナビするのは8月9日から5日連続放送の「証言記録 市民たちの戦争」(BS-Hi 9日は後6・45、10日からは後7.00)と8月14日放送の「わたしたちの戦争(仮)」(総合 7.30)の戦争証言プロジェクトの2番組。「少しでも多くの若い世代に身近に感じてもらいたい」(藤田英世プロデューサー)と、映画「私は貝になりたい」で元兵士を演じた中居に白羽の矢が立った。(7月16日9時19分配信 デイリースポーツ)

同紙によると、中居は、「戦争を体験した話をだれも語れなくなる時代はやがて来る。見ることも聞くこともなかったら、戦争の具体的な悲劇と教訓がゼロになってしまう。日本人である以上、ゼロにしてはいけないと思う」と若い世代に戦争の悲劇を伝え続ける決意を明かしたという。

人間には既知に学ぶ能力がある。体験者がいなければ「ゼロになってしまう」という話は極端だが、それはそれとして、中居はNHKにおいて、「紅白」とともに「戦争もの」という、もうひとつの仕事場を得たわけだ。『私は貝になりたい』の出演も起用の理由にはあるだろう。

先日も関ジャニ∞の3人にリポーターをさせたし、タレントの配し方も、それぞれバッティングしないように配慮している。中居の場合、芝居は映画の中から作品を選び、司会やナレーターなどの仕事が中心になるのだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました