中山優馬らが今さらおはらい

すでに終了した番組『恋して悪魔?ヴァンパイア☆ボーイ?』(フジテレビ系)の出演者、中山優馬や”近藤真彦”、そしてスタッフが、今さら総出でおはらいに出向くという。「東京スポーツ」(2009年9月17日付)が報じている。


「ヴァンパイアの呪いを気にしているんです。何でもハリウッドではヴァンパイア作品を製作する時、スタジオ入り口にニンニクを掲げ、呪い華らしい。ここは日本。当然、スタッフは無視した」(某スタッフ)。表ざたになっていないのだが、ドラマ収録時から奇怪な事件が相次いでいたという。
「収録中に突然、電源が落ちたことがあったり、届けられたばかりの弁当がなくなってしまう珍事件も発生した。そしてドラマ収録後、『佐渡国際トライアスロン大会』に出場した近藤が自転車で転倒し右肩甲骨を骨折した」人事博通)。
極め付きはドラマの視聴率だ。「フジの火曜22時枠で歴代最低視聴率6・6%を記録してしまったのだ。中山の将来にも影響すること」(関係者)。スタッフはニンニクを飾らなかったことを心底後悔しているという。
科学的根拠はない話だが、うまくいかないときは、そうしたことも含めていろいろ考えてしまうものだ。

だが、それにしても番組が終わってから、お払いに出向いたり後悔したりしても遅いのではないか。

ジャニーズタレントのハプニング、アクシデントなどは『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

sekai.jpg
15日に発売されたの写真集、『世界は嵐を待っている』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました