酒井法子の復帰は1億円ヘアヌード?

酒井法子覚せい剤で逮捕されたものの保釈され、すでに話題は芸能界復帰に移っている。「東京スポーツ」(2009年9月19日付)では、1億円ヘアヌードとぶちあげている。


同紙はまず、お金があるとはいえない酒井には芸能界復帰しかないが、サンミュージックの条件は「高相との離婚」だとして、ではどう復帰するのか、という記事を掲載する。

今回の事件により、CMなどイメージを売りにする仕事は絶望的だが、スキャンダルを逆手に取ってステップアップする手もある。「のりピーほど注目されている人間はいない。清純派の看板を捨てたため、今後は”ヨゴレ仕事”を含め、様々なジャンルで活躍できる。ハッキリ言って、カネのなる木だ」(前出の芸能プロ幹部)。確かに酒井が逮捕されると、ヒット曲「碧いうさぎ」のセールスがアップするなど、改めて人気の高さをうかがわせた。
 そんななか、早くも動き出したのが、出版業界だ。業界関係者によれば「さっそく独占手記を狙って各社が動き出した」とのことだが、最も高額なギャラを提示するとみられているのが、A社だ。
 この動きをめぐり、ある出版プロデューサーは「ヘアヌード写真集出版に向けて動いています。ギャラ? 1億円です。それぐらい出しても、十分に元はとれる」とキッパリと言い切った。
ただし、ただのヘアヌード写真集では逆に反発を買う恐れもあるので、なぜクスリに手を染めたのか、その経緯と反省を併記した写真集にするのが理想。『今後二度とクスリに手を出さない』と強い決意を記したヘアヌード写真集なら、メッセージ性もあり、芸能界復帰にプラスになるはずというのだ。

そういえば、1999年8月に逮捕された槙原敬之覚せい剤以外にMDMA(俗称エクスタシー)まで所持していたが、2000年10月17日付朝日新聞朝刊34面に「お詫び」の全面広告を掲載。芸能界の「大麻半年、覚せい剤1年」という”因習”通りに、槙原のCD発売は自粛1年2ヶ月後、12月6日に再開された酒井もそのセンで復帰ということか。

しかし、もし酒井が事件を起こさなければ、芸能界でそこそこ仕事はしていたが、一発で1億円という仕事にはありつけなかっただろう。

事件を起こしたことで、逆に商品価値が上がりビジネスチャンスがやってくる。芸能界というのは一筋縄ではいかない世界だ。

◆酒井法子関連の記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました