『世界は嵐を待っている!』(鹿砦社)もすごい人気だ


ジャニーズタレントの中で、もっとも勢いがあるのがといわれてはいたが、まさかここまでとは思わなかった。


『嵐の10年』(鹿砦社)は、新書が次々発売されているにもかかわらず、アマゾンで1週間以上もトップ争いを続けている。

それだけでなく、ほぼ同じ時期に発売されている未公開写真集の『世界は嵐を待っている』(鹿砦社)についても、同じように注目されている。

記事で取り上げた当方にも、ずいぶん問い合わせがある。

『嵐の10年』(鹿砦社)は、タイトルから中身も何となく想像が付く。

は今年デビュー以来10週年だ。つまり、デビュー以来の彼らの歩みを収めたものだ。

では、『世界は嵐を待っている』(鹿砦社)とは具体的にどんな内容なのか。

本を開いてみた。

こちらも「世界」で想像が付くかもしれないが、4都市で約17万人を動員したアジアツアーの上海上演(2008年11月)、そして、2009年前半の秘蔵写真を収めている

日本のファンの全てが、この公演に行ったわけではないし、また行ったとしても、資料的価値としてその写真集は貴重である。

章立ては、
・上海大舞台
・昨年の24時間テレビ
・国立霞ヶ丘競技場
の365日
で構成されている。

中身は彼らひとりひとりの熱唱姿のほか、メンバーの仲が良いラブラブショット、マツジュンがタオルをかぶったり、メンバーがいたずらしたりといった舞台裏のほのぼの姿などが収録されている。1ページを使った大きな写真がたくさんあるが、ページに何点か載せたものなど、大きさも様々だ。

何しろ、ブランクのページで紙数稼ぎをしていない111ページたっぷりカラー写真だから、見応え十分だ。値段分だけ必ず楽しめる。もちろん、隠し撮りの持ち込みではなくプロのカメラマンが撮っているので、写真の質も高い。

同書の「はじめに」にはこう書かれている。

思い起こせばグループ結成1周年の記者会見。
櫻井翔は「まだ小嵐です」とコメントした。

それが、日本の人気はもとより、外国公演で17万人集めるまでに成長したのだ。

おそらく、今後はさらに「大嵐」に成長していくだろうし、その記録としてファンはこの書を買い求めることをオススメする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました