前代未聞の4人連続不審死事件はどうなる?

「4人連続不審死 婚活サギ女毒牙クッキー」というタイトルで一面で報じているのは「東京スポーツ」(2009年10月29日付)


「4人連続不審死事件」でWeb掲示板は祭り状態になっている。「小太り」「フケ顔」「地味」なオバサンが、結婚詐欺の上に命まで奪う!? いろいろな意味でガクブルじゃないか。

女は北海道別海町の出身で地元の高校を卒業後に上京。ケーキやクッキーなどのお菓子作りやピアノが得意だった。父親は3年ほど前、羅臼町の国道わきの車内で死亡しているのが見つかったという。

女はネットなどで知り合った独身男性たちに次々と結婚を約束し、「学費」「生活費」などを口実に多額の金を無心。昨年以降に計約2000万円を詐取した疑いがある。

これまでの調べで、殺された人の遺体から検出された睡眠導入剤の成分が、女が病院で処方されたものと一致。また、女はネットで大量の練炭を購入していたことも分かっている。これらの状況をふまえると、2人の不審死に女が無関係とは考えにくいというわけだ。

この女性は、現在100キロ近い体重があると予測される。

どうしてそんな女に、と思うのは外野から事件を見ているからだろう。その場になって、相手にいったん熱中すれば、すべて良い方に解釈する。たとえば、みだしなみに気を使わない人を、家庭的、と誤解するとか。

今日からのワイドショー、来週の週刊誌はこれ一色になるのだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました