デブ専を手玉に取る女たち

「婚活サギ女 ソープ譲過去」という見出しを第一面に掲げる「東京スポーツ」(2009年11月7日付)
「婚活サギ女 ソープ譲過去」という見出しを第一面に掲げる「東京スポーツ」(2009年11月7日付)では、結婚詐欺で逮捕され、大量殺人の疑惑をマスコミに取り沙汰されている木嶋佳苗が、源氏名「さくら」で吉原のデブ専ソープ嬢をしていたというネット上の噂を取り上げている。


同紙は、「(木嶋が)セフレ多数から巻き上げたカネで食ってたらしい」「ヤフオク詐欺は自分のPCが死んだのがきっかけ 中古PCをヤフオクでゲット。しかしなぜか新品も買う。中古をヤフオクに出品。惜しくなって渡さず」と、元セフレのネットの書き込みを紹介。

しかも、元セフレが木嶋と知り合ったのは「吉原で働いてた時の客と従業員」の関係で、泡姫は「さくら」。さらに「(バストは)Dですね」「肌…ふつうです。でぶにありがちの吹き出物だらけとかはありません。締まり…これもふつうです。ピルは常用しているのでナマでも大丈夫です。感度はいいです。好きな体位は正常位デス。抜かずに連続技だと喜びます。あふれるお湯の量を見られたくないのでシャワーしか使いません」などと暴露している。

そして同紙の調べでは、その店は今はもうないデブ専のソープランドだったとか。

さらに、料理学校修了時の写真まで公開している。

昨日からは、鳥取の不審死5人の子連れ女が話題になっている。こちらも「小太り女」だ。

デブ専の方は、お気をつけあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました