SMAP、何だかんだ言ってもまだニュースバリューはあるらしい

SMAPについて、新春早々記事が出ている。


「Techinsight Japan」(2010年01月05日12時30分)では、「『4人は初めてじゃない』。中居クンの”禁句”にギクリとしたあの2人」というタイトルの記事が出た。

1月4日に生放送された「SMAP×SMAP2010ドリームSP」にメンバーの香取慎吾が体調不良で欠席した。残りのメンバーは生放送でもあり、やむを得ず4人で従来どおりの企画をこなすことになった。冒頭の挨拶で4人となったSMAPをながめて中居クンが発した一言がメンバーのヒンシュクを買ってしまった。(中略)
メンバーによるオープニングの挨拶ではリーダー中居クンから事情説明があった。
他のメンバーからも
「初めてだよね!4人でやるのは!」
とコメントがあった。
その時である。中居クンが怪訝な顔をして
「え、4人でやるのは初めてじゃないでしょ?」
と言ったのである。

それも、草なぎ剛稲垣吾郎の顔を見ながら言ったからいけない。
ご存知のように二人は「駐禁事件」「泥酔事件」で出演を自粛していた時期があるのだ。
痛いところをつかれて草なぎ稲垣は無言で交互に中居の首をしめていた。


読んでしまえば、「なぁんだ」という記事である。

この程度のことなら、草なぎ剛の復帰のときに木村拓哉が発言しているではないか。

草なぎ剛が復帰した昨年6月1日の『SMAP×SMAP』で、稲垣吾郎が「こういうことになって逆にボクも気付かされることが多かったし」と言うと、キムタクが「オレたちは2度目だけどね」と、2001年に稲垣が傷害罪で現行犯逮捕されたことを引き合いに…。すかさず中居が「ちょっと!」と止めに入ったが、キムタクは「こうなったときは包み隠すことはもうやめよう。それをやっていたら、オレらSMAP、この先ない。前に進むために言いたいことは言う」ときっぱり言い放ったではないか。

SMAPの歩み

詳細クリック

あっちのほうが、よほど面白かった。

また、「リアルライブ」(2010年01月06日15時00分)では、「SMAPに勝てなかった」というタイトルの記事が出ている。

大晦日の「第60回NHK紅白歌合戦」歌手別視聴率で、トップは紅組のトリで登場したDREAMS COME TRUEの50.1%。対する白組はSMAPの48.7%でドリカムに続く歌手別視聴率2位だったが、は43.2%で歌手別7位だったという記事だ。

「まだまだSMAPの天下は揺るがない。なぜ、の方が人気があるように見えるかというと、5人そろってのギャラがSMAPの約3分の1だからテレビが使いやすく次々とオファーが来る。メンバーがソロでドラマをやっても、SMAPのメンバーはそれなりの数字を記録するのに対し、には一ケタしか取れないメンバーもいる」(女性誌記者)

 ちなみに、紅白に出場したジャニーズ4組の視聴率順はSMAPTOKIO(38.5%)、NYC boys(35.8%)。
 TOKIOには楽勝だったが、SMAPはまだまだ大きな壁となって立ち塞がることになりそうだ。


SMAPが大きな曲がり角に来ていることは間違いないが、これまでの貯金というか、惰力がを上回っていると言うことだろう。

何だかんだ言って、またSMAPはニュースバリューがあるらしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました