鹿砦社・本多圭のたたかいは続く

『紙の爆弾』(エスエル出版会)が発売された。

目次をご紹介しよう。


月刊『紙の爆弾』3月号
2月6日発売!

A5判/98頁
定価500円(本体476円+税)

日米間で暗躍する辣腕エージェント
「松井秀喜エンゼルス移籍」の裏に隠された”黒い皮算用”
拘置所からの告発
「千葉真一も中条きよしも私を利用した!」
巨額詐欺事件の真相を全て話す!
民主党の”アキレス腱”か、はたまた”ライフライン”か
民主党政権を動かす「オンナと政治」を徹底検証!
シリーズ「陰謀の血脈」――日本支配を完成させた特権一族相関図
第九回「小和田家」
受刑者を食い物にあこぎな商売
“獄中ブランド”「矯正協会」の内幕を暴く
“押尾のりピー”の影に隠れた殺人事件が示す
新宿・覚せい剤密売組織と警察官の歪んだ関係
これがホントの『広告批評』――
捏造写真がまかりとおるインチキ広告の蔓延にだまされるな!
鹿砦社VS”芸能界のドン”バーニングプロダクション「名誉毀損」裁判
最高裁上告棄却も闘いは続く!
頼みの綱は「小沢一郎」パチスロ「規制緩和的自主規制」その全容と裏事情
障害者自立支援法』廃止で福祉の本質は見えてくるのか?

クリック詳細>>ranking
〈連載〉
芸能裁判を読む42……みおなおみ
マッド・アマノ「風刺画報」
裏金告発した元愛媛県警巡査部長 退職後も続く闘争
キラメキ★東京漂流記
本誌発「デジタル紙の爆弾」今月のスクープ!
死刑囚・清水大志 獄中からの手紙(一)
T-1二見のマット界断罪日記
まけへんで!! 今月の西宮冷蔵
月刊 高須新聞
絵の爆弾 増山麗奈

バーニングプロが、藤原紀香の結婚問題を書いた本多圭の記事、および掲載誌「紙の爆弾」を訴えた裁判は、最高裁が上告を棄却。著者・出版者側の敗訴が決まった。

筆者もこの裁判は傍聴に行ったし、バーニングの手法を疑問視し、代理人の「のぞみ法律事務所」の仕事ぶりや吉本興業との関係をすっぱ抜いた記事も書くなど、無関心ではいられない事件だったが、我が国の司法は事実上二審制なので、この判決はある程度予想できた。

それに対する発売元の鹿砦社と著者・本多圭の寄稿が掲載されている。

名誉毀損訴訟は訴えられる方が悪いに決まっている、という先入観が間違っているのは、過日のオリコン訴訟で明らかである。

本多とバーニング・プロの因縁は長いらしい。本多の話では、バーニングが懐柔しようとした金(200万円)を本多が断ってから関係がおかしくなったという。

筆者は本多圭の、自分は芸能人や芸能界が好きだからこそ悪い点は批判したいんだ、という芸能ライターとしてのスタンスに感心する。筆者にも芸能関係の著書があるが、では「芸能界が好きか?」と問われても、「はい」とは言えないからだ(笑)しょせん筆者にとって芸能界は、娯楽であり、そして飯のタネでしかない。

本多圭は最近、島田紳助の傲り高ぶりについて諫める寄稿を、ビートたけしの批判を引きながら、『サイゾー』に行っている。

島田が女性マネージャーに暴力を振るったとき、安易に「モノ作り」という言葉を使って女性の方を攻撃した松尾貴史先生よりも、よほど芸能界を好きな人なのだなと筆者は思った。

政治家が政治家を律することができないように、芸能界を芸能人に語らせたって、本質をつく批判などできないということだろう。

だから、芸能記者や評論家が必要なのだ。

本多圭には今後も頑張って欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました