ビートたけし「民主党は平気でウソつく」

ビートたけしが民主党にキレた!
ビートたけし 芸能坩堝 民主党 小沢一郎 麻生真宮子
ビートたけし情報詳細クリック>>ranking


ビートたけしは、客員編集長k「東京スポーツ」(2月16日付)において、前回のバンクーバー五輪と国母和宏問題に続き、民主党についても批判した。
「しっかし、小沢さんは強いな。石川知裕議員(36)の離党届を小沢さんが受け取ったんだろ。渡す方も渡す方だし、受け取る万も受け取る方だ。」

「『TVタックル』(テレビ朝日系)は面白いね。政権交代前まで自民党が座っていた位置に民主党が座るようになっただけ。政権交代後、与党と野党の位置を入れ替えたけど、言ってることが同じだった。自民党がかつての民主党のように『あんたが言ってることとやってることが違うじゃないか』って攻撃するだけ。民主党は『お前たちだってそうだったじゃないか。あんたたちには言われたくない』って。その繰り返しだよ。同じなんだよな」

「民主党は平気でウソつくね。ヘタすっと、自民党より政策がないかもしんないよ。結局、カネばらまいてるだけじゃないかな。でもさ、自民党が参院選に元ヘアヌード歌手の麻生真宮子(46)を公認したんだってね。ヘアヌードのポスター張っていいのかな。自民党はヤケクソなんだから、ヘアヌードポスターでもやっちゃえばいいのに。あっ、服を着てるんだけど、股間部分だけ黒塗りのポスター作ればいいじゃん。絶対ウケるよ」

ビートたけしの民主党批判は、「政治とカネ」の問題、マニフェストと両立しない閣僚の発言のブレなどを指したものであり、少なくない国民が感じていることだろう。

「日刊ゲンダイ」は、民主党の支持率低下について、あろうことか、小沢は潔白だ、検察リークがでっち上げた小沢問題を額面通り受け止めて民主党を信用しない国民はレベルが低い、などと書いている。

しかし、国民の民主党不信は「小沢問題」だけではないだろう。

それに、少なくとも秘書が起訴され、秘書自ら「不適切な記載は深く反省」と、起訴事実を認めるコメントをオフィシャルに発表しているのだ。つまり、起訴自体にはケチがつけられないものなのだ。にもかかわらず、監督責任者の小沢一郎に対していくら何でも「潔白」という表現はおかしいだろう。

だいたい、「日刊ゲンダイ」はかつて、小選挙区制に反対であり、それを推進する小沢一郎に対して徹底的なバッシングをしていたではないか。

自社さきかげ政権のとき、村山総理(当時)を褒めちぎり、小沢をこきおろしたのはどこの新聞なのだ。

民主党にしろ、検察にしろ問題はある。それらの批判は両立できるはずで、過去の自分たちの立場に反してまで一方的な悪口でしか主張ができない今の「日刊ゲンダイ」は、自分たちの表現力や論考によほど自信がないのだろう。

「東京スポーツ」の藤本順一と上杉聡による問題追及は、2人の主張の微妙なバランスから「検察」「小沢」の批判を両立させている。ネタ新聞のくせに、なかなかやるな、と思う。

日刊ゲンダイよ、どう両立できるかに知恵を絞るのがメディアの仕事ではないのか。

面白い新聞だから、多少のデフォルメや偏向それ自体をひとつの個性として大目に見たいが、楽天・野村克也監督(当時)の人間性批判を目的に精神科医まで起用するなど、最近の報道姿勢はやはりちょっと度が過ぎるのではないだろうか。

もっとも、「東京スポーツ」は「ネタ」の方も健在だ。
自民党から立候補するらしい、麻生真宮子のポスターまで作って披露している(笑)
麻生真宮子 芸能坩堝
麻生真宮子情報詳細クリック>>ranking

面白真面目でこれからも頑張って欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました