木村拓哉の月9ドラマは『Jマニア』が「原作」か?

木村拓哉の月9ドラマについて内容が決まらないことを以前書いたが、やっとストーリーだけ決定したようだ。


木村拓哉>2年ぶり月9ドラマで初の社長役 10年ぶり、本格派ラブストーリー

 アイドルグループ「SMAP」の木村拓哉さんが、フジテレビ月曜日午後9時のドラマ枠「月9」で、「CHANGE」以来2年ぶりに主演することが2日、明らかになった。木村さんは初の社長役を演じ、できる男が女性と出会い、愛に悩み苦しむという恋愛ドラマで、木村さんは00年の「ビューティフルライフ」(TBS)以来10年ぶりのラブストーリーとなる。今春放送予定。

 ドラマは、業界ナンバーワンを目指す企業を設立し、人に厳しく結果を求めている「できる男」だった社長(木村さん)が、女性たちに思いを寄せられ、熱い視線を送られたり、切ない思いを抱かれたり、時には激しい行動に出られたり……とさまざまな愛の形を見せられる。男は、女との出会いによって今まで見せたことのない行動に出る……というラブストーリー。

情報詳細クリック>>ranking
(3月2日3時59分配信 まんたんウェブ)

後藤博幸プロデューサーは、「『恋をしたい』と理屈抜きでそう思っていただけるようなラブストーリーに、そして不況にあえぐ時代だからこそ希望を持てるドラマにしたいと思います。木村さんが演じる主人公の『今までに見たことがない』キャラクター像には注目です。収入も社会的立場も年齢も全く異なる面々が織りなす、先の読めない展開にどうぞご期待ください」という。

しかし、肝心の番組のタイトルや共演者は未定ということだから、まだ全容が定まったとはいえない。

さて、前回、『怪物くん』の主演が決まった大野智について、それより前に『パーマン』の主演を『Jマニア105』(鹿砦社)の特集記事が提案していたと書いたが、同じく『Jマニア98』の特集記事では、かつて北公次が主演した『ボクは女学生』(1973年10月5日?1974年3月29日、フジテレビ系)のリメイクとして、木村拓哉主演で男性社長のラブストーリーを提案している。今回のストーリーが、まるでこの特集記事を参考にしたかのようだ。

テレビ界は、もしかしたら『Jマニア』を参考にしているのかもしれない。そんな同誌はオリキ必見だ!

情報詳細クリック>>
ranking

コメント

タイトルとURLをコピーしました