中居正広の月9ドラマ、企画を壊した犯人は……?

中居正広のドラマの話である。「東京スポーツ」(2009年2月24日付)では、久々の出演が発表された「中居正広の月9ドラマ」について、ドラマ化されるはずだった人気漫画がジャニーズ側からダメ出しをした、との記事が掲載されている。

記事によると、今度の月9は肝心のタイトルは未定のまま。ヒロインである上戸の役どころも決まっていない。それは、人気漫画「マネーの挙」(小学館)原作で話が進んでいたが、ジャニーズ側が漫画の一部を強引に変更。原作者がブチ切れて企画が流れたからだという。ダメ出しをしたのは、「SMAPの”育ての親”といわれるジャニーズ幹部」と中居正広本人となっている。


主演のフジ月9ドラマ”白紙状態”

原作者を怒らせたジャニーズの暴挙
ストーリー変更迫りトラブル

 4月にスタートする「SMAP」中居正広(36)主演のフジ”月9″ドラマで、場外バトルが勃発していた! 当初、人気漫画「マネーの挙」(小学館)原作で話が進んでいたが、ジャニーズ側が漫画の一部を強引に変更。これに原作者の三田紀房氏(50)が「冗談じゃない」とブチ切れたため、決まりかけていた話は消滅。ドラマの責任者が各事務所に謝罪行脚する事態に発展してしまったー。

漫画「マネーの拳」

 先日、フジから4月スタートの月9ドラマの概要が発表された。主演は中居で、仕事と結婚相手を探すため”婚活”にいそしむ30代半ばの会社員を演じる。
 共演はヒロイン役の上戸彩(23)、佐藤隆太(28)ら。演出は、木村拓哉(36)主演の同枠ドラマ「HERO」を手掛けた鈴木雅之氏(50)が務める。
 だが、肝心のタイトルは未定のまま。ヒロインである上戸の役どころも決まってないという。フジ側に細かい設定を聞いても『すいません。まだ何も決まっておらず…』という答えでした。情報解禁日があるとはいえ、 それなら発表するなって感じですよ」(出版関係者)
 不完全な形で発表せざるを得なかったのにはワケがある。実は土壇場まで、人気漫画「ドラゴン桜」で知られる三田氏の「マネーの拳」原作で話が進んでいたのだ。

中居も”ダメ出し”

 同作は元ボクシング世界チャンピオンだった男が引退し、自分で事業を起こすところから始まる。「主人公を中居さんが演じることで決まっていた。ほかのキャストも内定していて、あとは撮影を待つだけだった」(ドラマ関係者)
 ところが、ここで”事件”が勃発! SMAPの”育ての親”といわれるジャニーズ幹部が、原作者の意向を無視しストーリーの一部を勝手に変更しようとしたのだ。
「原作だと主人公のライバル的な役は女性なんですが、その幹部は『男の方がしっくりくる』と主張し、強引に男性に変えようとしたそうです。”わが子”を傷つけられた三田氏は『冗談じゃない!』と激怒。スタッフの説得にも応じず、2月上旬までに話そのものが消滅してしまったんです」(同)
 別のドラマ関係者も次のように明かす。「原作を読んだ中居さんも、『この役はちょっと…』と難色を示したそうです。これがダメ押しになりました」。
 それが今回のドタバタ発表につながったようだ。
「ドラマが変更になったことで、出演が白紙になったベテラン俳優もいます。プロデューサーが各事務所を訪れ、謝罪していましたよ」とは芸能プロ幹部の証言。
 三田氏が「マネーの拳」を連載する「ビッグコミックスペリオール」の担当者は、本紙取材に「こちらからお話しすることはない」。フジの広報部は「こちらにはそういった話は下りてきておりません」とコメントした。
 初回視聴率を見て「やっぱり『マネーの拳』にしとけば…」とならなければいいがー。


「SMAPの”育ての親”といわれるジャニーズ幹部」は、飯島三智のことを指しているのだろう。飯島といえば、かつて『噂の眞相』で、中居が交際女性と中絶を求めるトラブルに発展したとき、自らが相手の女性の交渉・説得役をつとめたと書かれている。まあ、それに比べれば、企画に口を出すのは何でもないことか。

今回も中居がダメ出ししたと書かれているが、おそらく飯島に従ったのだろう。

昨年の「月9」は、木村拓哉のドラマがスタートからグズグスした。このままでは、久々の中居主演も会心の作品にできなくなってしまう。一部ではテレビ局のジャニーズ離れも囁かれている。今すぐどうということはないと思うが、こうしたことが積み重なれば、ある日突然、それは現実のものになってしまうかもしれない。

SMAPやジャニーズタレントのこうした仕事上のトラブルは、『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 黎明期(1962年?1968年)
第2章 試行錯誤(1969年?1974年)
第3章 試練(1975年?1979年)
第4章 起死回生(1980年?1992年)
第5章 発展期(1993年?1999年)
第6章 近代化(2000年?2008年)

【本書に登場するジャニーズタレント(OB含む)】
中谷良、あおい輝彦、真家ひろみ、飯野おさみ、北公次、江木俊夫、青山孝、おりも政夫、小谷純、やなせかおる、行田和彦、岡典雄、郷ひろみ、豊川誕、井上純一、川崎麻世、田原俊彦、近藤真彦、野村義男、内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、佐藤敦啓、田代秀高、赤坂晃、東山紀之、錦織一清、植草克秀、平本淳也、米花剛史、森且行、中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬哲也、堂本光一、堂本剛、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、滝沢秀明、今井翼、亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一、澁谷すばる、錦戸亮、丸山隆平、安田章大、大倉忠義、村上信五、横山裕、山下智久、小山慶一郎、加藤成亮、増田貴久、手越祐也、森内貴寛、内博貴、草野博紀、中島裕翔、風間俊介、中丸雄一、有岡大貴、山田涼介ほか

【参考図書】

『ジャニーズスキャンダル調書』(鹿砦社)

『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)

『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)

『ジャニーズの歴史 完全保存版』(鹿砦社)

コメント

タイトルとURLをコピーしました