草なぎ剛の事件で蒸し返される稲垣吾郎の“あの事件”

草なぎ剛の公然わいせつ事件報道で、昔のことが蒸し返されている。


同じSMAPメンバー・稲垣吾郎がかつて起こした「駐車違反ならびに公務執行妨害事件」を検索するネットワーカーがグンと増えているらしいのだ。このブログについても、実はそうである。そこで、今回少しだけ稲垣事件を触ろう。

2001年8月24日、女性警官が駐車違反中の稲垣吾郎に免許証の提示を求めたところ、稲垣は大慌てで車を急発進させ逃亡しようとして女性巡査と車体が接触。全治5日間の怪我を負わせた廉で、駐車違反および公務執行妨害の現行犯で逮捕された。

メディアはこの事件で、腫れ物にでも触るように「稲垣メンバー」と呼び、そんな雰囲気に対して梨元勝が番組を降板するというハプニング。

さらに『週刊文春』は、稲垣が車を急発進させ逃げようとしたのは、このときの逮捕を薬物犯罪と勘違いしたためであり、薬物使用の事実を事務所ぐるみで隠ぺいしようとしたなど、2週に渡って掲載した。

これに対し、ジャニーズ事務所側では「事実無根の中傷記事」として、文藝春秋などを相手取り1億1000万円の損害賠償と謝罪広告を求める訴訟を起こす裁判沙汰にまで騒動は拡大した。

釈放後の記者会見でも「なぜ逃げたか」の質問が稲垣に向けられたが、「事件のときの気持ちはいろいろな状況において、人に囲まれてパニックを(起こ)していた…」と答えるのみで、『週刊文春』が報じた薬物疑惑を打ち消すほどの説得力はなかった。

このあと稲垣はすべての芸能活動から外され、5ヶ月の謹慎生活を送ることになる。そのさなかに出たのが『週刊現代』の記事だ。留置場で稲垣と2人だけで過ごしたI氏なる人物が、そのときの会話を記録、『週刊現代』の記者に渡したものである。

そこには薬物使用に関する内容も含まれていた。記事によると、I氏が「薬物の誘惑はあるか」と聞いたところ、稲垣は「誘惑はそこらじゅうにあるが、やってしまうと仕事にならなくなる」「誘われても断る」と答えたという。

利害関係のまったくない第三者が、稲垣は薬物には一切手を出さないマジメな青年なんだと証言したわけだ。これで薬物疑惑はほぼ完全に否定されたように思われた。

ところが、このあとに大きなどんでん返しが待っていた。

I氏が『週刊現代』に渡した稲垣との会話の記録は、実は控えがとってあった。それをまるごと掲載したのが『スキャンダル大戦争1』(鹿砦社)である。I氏は自分が渡した記録が『週刊現代』によって改ざんされたことに憤り、鹿砦社にその控えを託したのだ。

控えによると、なんと稲垣は「誘われても断る」どころか、「断れない人もいる」と180度違う返答をしているというのだ。ジャニーズ事務所は暴露記事を無視。稲垣も復帰した。

その注目すべき会話の中身は、『ジャニーズイミダス』(鹿砦社)の第2章に網羅されている。ファンはぜひご一読いただきたい。

【同書の目次】
第1章 所属タレントプロフィール
第2章 ジャニーズ事務所・タレントの事件簿
第3章 所属タレントの熱愛遍歴
第4章 リリース
第5章 CM出演歴
第6章 テレビ出演
第7章 映画出演
第8章 用語解説

【本書に登場するジャニーズタレント】
近藤真彦、内海光司、岡本健一、佐藤アツヒロ、大沢樹生、少年隊(錦織一清、植草克秀、東山紀之)、SMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森旦行)、TOKIO(城島茂、山口達也、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也)、V6(20th Century/坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、Coming Century/森田剛、三宅健、岡田准一)、KinKi Kids(堂本光一、堂本剛)、嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)、タッキー&翼(滝沢秀明、今井翼)、NEWS(小山慶一郎、錦戸亮、山下智久、増田貴久、加藤成亮、手越祐也)、テゴマス(増田貴久、手越祐也)、関ジャニ∞(横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義)、KAT-TUN(亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一)、Hey! Say! JUMP(Hey! Say! BEST/薮宏太、高木雄也、伊野尾慧、八乙女光、有岡大貴、Hey! Say! 7/岡本圭人、山田涼介、中島裕翔、知念侑李、森本龍太郎)

コメント

タイトルとURLをコピーしました