今後の視聴率に注目、後味悪い『任侠ヘルパー』 - 芸能資料館

今後の視聴率に注目、後味悪い『任侠ヘルパー』


さて、SMAP・草なぎ剛の出演したドラマは、視聴率が初回17.5%。「東京スポーツ」(2009年7月22日付)では「高視聴率を記録。見事に"全裸騒動"の汚名返上を果たした」などと褒めちぎっていたが、同日付「日刊ゲンダイ」で吉川潮は、「違和感だらけで後味の悪い『任侠ヘルパー』」とこきおろしている。
草なぎの違和感はまるで笑顔がないこと。「いい人」を演じさせるといい昧を出す、笑顔が魅力の俳優なのに、今回は謹慎の後なのでいい人役はやりづらかったのか。いつも相手をにらみつけ、老人や子供に対しても喧嘩腰だ。そんな草なぎをファンが見て喜ぶわけがない。(中略)
 16日は介護老人役で津川雅彦が出た。現実感のないヘルパーたちとは対照的に、老人の日常をリアルに演じたので、身近に老人がいる視聴者は身につまされる。見終わって後味のよくないドラマだ。

番組のポスターに出ている草なぎは、筆者が高校の頃、エナメル靴とボンタンで登校していた"ツッパリ"を思い出した。

任侠だから睨みをきかして喧嘩腰、という役作りがそもそも安易である。

視聴者が吉川と同じような思いを抱いていたら、このドラマの今後の視聴率は確実に下がるだろう。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« キムタクが沢尻エリカにダメ出…  |  草なぎ剛が連れていた謎の男性 »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート