野口美佳社長は公人か、私人か

野口美佳は公人か、私人か
野口美佳は公人か、私人か。メディアでは昨今、そのように取り沙汰されている。一連のクスリ問題、押尾学と酒井法子を結ぶ存在として、いよいよピーチ・ジョンの野口美佳社長を抜きに事件を語れなくなってきた、という論陣をマスコミが貼り始めたのだ。それにはまず、野口美佳社長が公人か、私人か、というわけだ。

もちろん、正確な意味では、公務員や政治家ではない人は公人ではない。

ただ、芸能人のように扱えるかどうか、という話である。

一部には野口美佳社長が「タレントではない」から私人ではないか、もしくは、たんに部屋を提供しただけだから名前まで出すべきではない、という意見もあるようだ。

しかし、もともと野口美佳社長は出たがりで、今までにもいろいろな取材を受けてきた。

だから、今さら私人というわけにはいかないだろうし、「ドラッグセックス部屋」を提供した責任は決して「提供しただけ」で済むものではない。

「野口社長はヒルズ内に3部屋持っていた。その部屋は”ドラッグセックス部屋”と呼ばれており、麻布害は内偵を進めていた。結果、ジャニーズの超大物Jが後輩KとLの2人を連れて、頻繁に出入りしていることが判明。そこには異色ミュージシャンMも参加していたそうだ」(捜査情報に詳しい関係者)
 別の関係者も「押尾事件で亡くなった女性が勤めていた銀座のクラブに彼(超大物)と野口社長は一緒に来ていました。親しい間柄なことは間違いありません」と証言している。(「東京スポーツ」2009年8月21日付)

この報道をどうとらえるかは、アナタ次第だ。

野口美佳、酒井法子、ジャニタレの接点については、今後の捜査に期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました