酒井法子はマスコミに見捨てられた?

酒井法子はマスコミに見捨てられた?
酒井法子について、「マスコミは居場所を捜す気もなくなっている」という記事が「日刊ゲンダイ」(2009年10月12日付)に出ている。話題の人であり、各メディアは必死になって追いかけているのに、いったいどういうことか。その真相をみていくことにしよう。

なにはともあれ、新聞記事から引用しよう。

「押尾学事件もそうだけど、のりピーの事件もテレビ、新聞の報道はとにかく誤報が多い。理由は周辺を取材して裏をとっても、発言が二転三転して何が本当かわからないし、ハナからデタラメということもある。結局、記者が先方に振り回されるだけ振り回され、揚げ句に誤報です。本当にシャレにならない」(マスコミ関係者)
 退院後はリフォームしたマンションに身を寄せると思ったら、すでに裁判所に別の住所を提出して“雲隠れ”状態。このことを酒井をバックアップしている建設会社会長に聞いても「そんなの知らねぇよ」といった口調でけむに巻く。マスコミが呆れるのも納得だ。最初の逃亡の時も酒井の継母の姉でさえ、「かくまっていない」とウソをついたほど、すべからくこの調子だから、たまらない。

酒井法子報道の過熱化は、こうしたことも一因といえる。

要するに、酒井法子が復帰の野心がミエミエのくせに、マスコミに対して不誠実な態度を取っているから、マスコミも批判的になるというわけだ。

犯罪を犯しておいて、そんなご都合主義の態度をよくもとれたものだ、とマスコミでなくても思うだろう。

これでは、酒井法子は裁判でも、また調子の良いデタラメを話すのだろう、と思われても仕方ない。

これで果たして酒井法子は復帰できるのか。

でもするんだろうな。

マスコミも、結局は数字がとれれば大切な商品になる。

だから酒井法子がナメてかかるのだ。

その意味では、マスコミだけでなく、酒井法子の復帰を喜ぶ大衆にも責任はある。

梨元勝は、美学として酒井法子の復帰を反対していたが、酒井法子に美学などを期待するのは無駄なことなのだろう。
ゴールデン☆ベスト - 酒井法子
ゴールデン☆ベスト – 酒井法子

コメント

タイトルとURLをコピーしました