飯島三智マネは嵐の躍進に焦っている - 芸能資料館

飯島三智マネは嵐の躍進に焦っている


「東京スポーツ」(2009年12月22日付)では、「第60回NHK紅白歌合戦」のトリを巡ってジャニーズ事務所の担当者がSMAPをゴリ押ししていたものの、消滅したとの話が出ている。しかも、その消滅の原因がジャニーズ事務所の内紛だったと言うのだ。
SMAPは、リーダーの中居正広(37)が2年連続5回目の司会に抜てきされている。こういったこともあって、I女史は、SMAPの"優遇"を要求していたようだ。
 だが、関係者は「ゴリ押しの理由はそれだけではない」と証言する。
 何と! の出場が、SMAPの存在を脅かしているというのだ。「今や、時代はSMAPからです。SMAPは人気に陰りが出始めていますが、嵐は今が旬で、今年はベスト・アルバムが100万枚を突破、ファンクラブも急増している」(芸能プロ関係者)。この「時代の流れ」にI女史が焦っているというのだ。しかもI女史を脅かしているのは、身内のジャニーズ事務所だとも言う。同事務所に詳しいテレビ関係者はこう言う。
を担当しているのは、ジャニーズ事務所の副社長であるメリー喜多川氏の愛娘なんです。しかも、その娘とI女史とは犬猿の仲。さらにメリー氏もI女史のことはよく思っていないだけに、ここで一気にSMAP漬しにかかろうとしているんじゃないでしょうか」
 要するに、ジャニーズ事務所内で内紛が起きているというのだ。しかも、I女史がNHKにゴリ押ししていたSMAPの「トリ」を潰したのは、実はジャニーズ事務所自身だとの説も出ている。「ジャニーズ事務所から今回、4組出場を果たしていますが、SMAPTOKIO&NYCboysという図式です。これはI女史としては塊々しき事態でしょう」(芸能関係者)

I女史」こと飯島三智は、このままでは「SMAPのお株が後輩のに取られてしまう可能性がある」と焦っているという。たとえば、司会の中居にしても、来年はのメンバーを使う話が出ているという。

時の移ろいは留めることができない。

いつまでもSMAPというわけにもいかないし、"嵐"という新しいスターが出てきたのなら、本来事務所にとってはいいことだ。

いずれにしても、ジャニーズ事務所も内紛をやっているときではないのだが。

『Jマニア96』には、ジュリー景子飯島三智の素顔が載っている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« SMAPよ、本当に終わってしまう…  |  こんなところでも「嵐の時代」 »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート