バーニング・プロ「名誉毀損」訴訟を考える

7日に発売された『紙の爆弾』は、「鹿砦社VS”芸能界のドン”バーニングプロダクション『名誉毀損』裁判ー最高裁上告棄却で終結も、闘いは続く!」という記事を掲載。鹿砦社・本多圭がバーニングプロに訴えられた裁判について言及している。

クリック詳細>>ranking


3年前の『紙の爆弾』(2007年3月号)に、芸能ライター・本多圭が藤原紀香の結婚問題で、バーニングプロに批判的な記事を書いた。それについてバーニングプロが訴えた事件だ。先日、最高裁が上告を棄却。著者・出版者側の敗訴(被告は220万円を支払う)が決まった。

「マスコミ批判」を勘違いして、名誉毀損訴訟は訴えられる方が悪いに決まっている、と決めつけない方がいい。過日の「オリコン・烏賀陽裁判」を見るとおり、その先入観は改め、”ゼロベース思考”でありのままに経緯を見なければ真実はわからない。

本多圭、バーニングの争いは実はこれが初めてではない。当該記事は裁判をするほどのものとは思えないが、本多圭とバーニングとの間にある長年の因縁は、どんな記事でもそうした展開になってしまうのかもしれない。

筆者もこの裁判は傍聴に行ったこともあり、バーニングプロに対する批判や、代理人の「のぞみ法律事務所」の仕事ぶりや吉本興業との関係について記事も書いたことがある。だが、我が国の司法は事実上二審制であり、今回の「棄却」は残念ながら予想できたものでもあった。

今月号の記事には、それに対する発売元の鹿砦社と著者・本多圭の思いが改めて述べられている。

本多曰く、かつてバーニングが本多を懐柔しようとして差し出した金(200万円)を本多が断ってから、関係がおかしくなったという。

バーニングプロのマスコミ懐柔はこれまでにも一部マスコミに暴露されていた。
もらったら批判は書けない。
だから、本多はもらわなかった。

筆者は本多圭の、「自分は芸能人や芸能界が好きだからこそ悪い点は批判したいんだ」という芸能ライターとしての基本スタンスに共鳴している。

本多圭は最近、ビートたけしの紳助批判を引きながら、島田紳助の傲り高ぶりについて諫める記事を『日刊サイゾー』に書いている。これも、芸能界や芸能人が好きだからこその苦言なのだろう。

以前、島田が女性マネージャーに暴力を振るったとき、放送タレントからいつのまにか大学人になった松尾貴史は、安易に「モノ作り」という言葉を使って、あろうことか被害者の女性の方を攻撃して世間を敵に回し、Web掲示板が祭り状態になった。当然だろう。紳助の暴力行為は本人だって事実と認めているのだから。

政治家が政治家を律することができないように、芸能界を芸能人に語らせたって、御身大切で本質をつく批判などできないということが明らかになった出来事である。

本多圭も吉本との関係を考えれば、紳助批判は決して得策ではない。黙って見ないようにした方が賢明だ。
それでも彼は、芸能界や芸能人が好きだから、是々非々で紳助を批判している。

いずれにしても批判は大変なエネルギーがいるし、リスクも伴う。
長いものには巻かれた方が過ごしやすいことは確かだ。
だが、批判を封じた世界は必ず腐敗する。
だから批判は必要なのである。
その世界が良くなれば、批判者も含めていずれそこにいるみなが良くなる。
「批判は人の為ならず」だ。

同郷の先輩、森田健作千葉県知事は、
「正義が勝つのは時間がかかる」と言っている。
森田先輩が正義と言えるかどうかは措くとして(笑)
言っていることはけだし至言である。

人間社会は、嫉妬や既得権益やその他もろもろの事情があり
何より人間は弱くて汚い面を持っているから
正しい意見者がストレートに認められる、とは限らない。
むしろ、様々な思惑の中で逆につぶされることだって少なくない。

しかし、筆者は未来に希望を持ち
逃げ出したいときも踏ん張り
勇気と見識ある批判を続けたいと思う。

本多圭も『紙の爆弾』も、今後も頑張って欲しいと思う。

どんな世界にも、批判ができる記者や評論家の活躍は必要である。
筆者は、それを改めて気づかせてくれた本多と一緒に仕事ができて光栄に思う。

同誌の目次を改めてご紹介しよう。

月刊『紙の爆弾』3月号
2月6日発売!

A5判/98頁
定価500円(本体476円+税)

日米間で暗躍する辣腕エージェント
「松井秀喜エンゼルス移籍」の裏に隠された”黒い皮算用”
拘置所からの告発
「千葉真一も中条きよしも私を利用した!」
巨額詐欺事件の真相を全て話す!
民主党の”アキレス腱”か、はたまた”ライフライン”か
民主党政権を動かす「オンナと政治」を徹底検証!
シリーズ「陰謀の血脈」――日本支配を完成させた特権一族相関図
第九回「小和田家」
受刑者を食い物にあこぎな商売
“獄中ブランド”「矯正協会」の内幕を暴く
“押尾のりピー”の影に隠れた殺人事件が示す
新宿・覚せい剤密売組織と警察官の歪んだ関係
これがホントの『広告批評』――
捏造写真がまかりとおるインチキ広告の蔓延にだまされるな!
鹿砦社VS”芸能界のドン”バーニングプロダクション「名誉毀損」裁判
最高裁上告棄却も闘いは続く!
頼みの綱は「小沢一郎」パチスロ「規制緩和的自主規制」その全容と裏事情
障害者自立支援法』廃止で福祉の本質は見えてくるのか?

〈連載〉
芸能裁判を読む42……みおなおみ
マッド・アマノ「風刺画報」
裏金告発した元愛媛県警巡査部長 退職後も続く闘争
キラメキ★東京漂流記
本誌発「デジタル紙の爆弾」今月のスクープ!
死刑囚・清水大志 獄中からの手紙(一)
T-1二見のマット界断罪日記
まけへんで!! 今月の西宮冷蔵
月刊 高須新聞
絵の爆弾 増山麗奈

コメント

タイトルとURLをコピーしました