下平さやか、今回の醜聞はちと寂しい - 芸能資料館

下平さやか、今回の醜聞はちと寂しい


下平さやかが番組を降板して話題になっている。
下平さやか 芸能坩堝 女子アナ
下平さやか情報詳細クリック>>ranking予想されていたが、テレビ朝日の4月改編で、『やじうまプラス』のメーン司会が下平さやかから堂真理子に交代するという。
堂真理子 芸能坩堝 女子アナ
堂真理子情報詳細クリック>>ranking

入社7年目の堂アナは、現在、冬季五輪特番などを担当。「やじうま」のメーン司会を2006年から3年間務め、08年に一般男性と結婚したことから"主婦目線"での番組復帰となる。

 また、同番組は土曜枠を復活させ、1週間を通じて計7人の"女子アナ軍団"が取り仕切ることになる。松尾由美子アナ(30)が中心で月?金曜を担当。大木優紀アナ(29)は、月?水曜、矢島悠子アナ(27)は木?金曜に登場。天気予報は加藤真輝子アナ(24)が担当。土曜は大木アナ、久保田直子アナ(28)、八木麻紗子アナ(24)がトリオで出演する。(2010年02月16日17時00分 / 提供:ZAKZAK(夕刊フジ)
かつて、「大物食い」といえば下平さやかといってもよかった。

中居正広との合い鍵愛、内村光良との関係も派手だった。しかも、関係が終わると現内村夫人である同僚の徳永有美に紹介したという話もある。彼女は異性をとったとかとられたとか、振ったとか振られたとか小さなことは考えちゃいない。みんなで幸せになりましょう、という豪快な心の持ち主なのだ

それに比べると今回は、注目されている野球選手とはいえ、まだプロで1本のヒットも打っていないルーキー。「大物食い」の相手にしては物足りない。

そういえば、彼女も36歳になった。「大物」というよりも、自分の若さや魅力がどこまで通用するのか、年下にアタックしてみたい年頃になったのかもしれない。

そう考えると、今回の醜聞は、下平さやかの「老いらくの恋」を見ているようで、ちょっとばかり寂しい気もする。

しかし、「自分のことが大好き」(テレビ朝日サイトより)な彼女は、決して自分の生き方に後悔はしていないはずだ。


『女子アナスキャンダル調書』
12月26日発売!

女子アナ研究会=編著
新書判/152ページ(巻頭カラーグラビア8P+本文144P)
定価800円(本体762円+税込)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« ビートたけしは国母和宏の「ワ…  |  下平さやかは再浮上できるか »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート