森田剛が熱愛報道のたびに蒸し返される事件とは?

V6・森田剛が、上戸彩と続いていたそうだ。取材で分かったと「東京スポーツ」(3月17日付)が報じている。
森田剛 上戸彩
情報詳細クリック>>ranking


2人は01年、TBSドラマ「嫁はミツボシ。」の兄妹役で共演したのをきっかけに交際が始まった。2人の交際を最初にスッパ抜いたのは、『FRIDAY』(2002年12月27日号)。事務所が出した「恋愛禁止令」を破って、埼玉県岩槻市にある森田の自宅に通い続ける姿や、森田剛の家で上戸が二連泊していること、森田剛が深夜に愛車のハンドルを握って彼女を迎えに行っていることなどを伝え、上戸はもちろん、これまで多くの女性と浮き名を流してきた森田も”本気モード”であることを伝えた。 

『週刊文春』(2005年2月3日号)は、「森田にベタボレしている上戸が『義経』撮影の合間を見ては森田に電話をかけまくり、周囲のスタッフに”剛くんが出ない”とイライラをぶつけている」などと報じられている。そこで、オスカーはジャニーズ事務所に、「森田の活動を自粛させろ。せめて上戸が二十歳になるまで誕生日辺りまでは」と詰め寄ったとまで書かれている。

「日刊ゲンダイ」(2005年2月2日付)では、「こんな男とは早めに手を切った方がいい」と忠告していた。

以後、関係は終わった、いや続いている、と様々な説が横行したが、まだ交際は続いていたということだ。

森田剛は上戸と交際する前に、多くの女性と浮き名を流していた。16歳の頃に交際していた6歳年上の女性Aさん、加藤茶の32歳年下の恋人として注目を集めた小林みどり、沖縄県出身の希良梨、モデルプロに所属するタレントの卵などがメディアで取り上げられたが、中でも注目されたのは妃今日子だ。今回の熱愛報道でまたぞろネットではいろいろ書き込まれている。

妃今日子が「強姦罪、強制わいせつ罪」で森田剛を警視庁・赤坂署に告訴すると、森田側も逆告訴。その後、妃今日子が事件を「狂言だった」と週刊誌で告白した。

しかし、妃今日子所属事務所社長が話し合いのためにジャニーズ事務所を訪れた際に、赤坂署の私服警官が9人も立ち会ったといわれており(『噂の眞相』2000年7月号)、「ジャニーズ事務所と警察の裏のつながり」を疑わざるを得ない、いずれにしても後味の悪い事件だった

情報詳細クリック>>ranking

ジャニーズタレントの恋愛遍歴については、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。


【同書の目次】
第1章 恋愛相関図1
第2章 恋愛相関図2
第3章 恋愛相関図3
第4章 ゴールイン+熱愛報道続行
第5章 封印したい下半身スキャンダル

【本書に登場するカップル(破局済みも含む)】
長瀬智也&相武紗季、山下智久&あびる優、田中聖&あびる優、田中聖&木口亜矢、田中聖&倖田梨紗、松本潤&北川景子、赤西仁&加藤ローサ、亀梨和也&堀北真希、亀梨和也&小泉今日子、田口淳之介&小嶺麗奈、松本潤&仲間由紀恵、松本潤&北川景子、中居正広&倖田來未、堂本光一&宮前真樹、滝沢秀明&鈴木亜美、木村拓哉&宮沢りえ、木村拓哉&カオリン、木村拓哉&工藤静香、香取慎吾&飯島直子、三宅健&安室奈美恵、坂本昌行&中澤裕子、稲垣吾郎&菅野美穂、井ノ原快彦&瀬戸朝香、山口達也&辺見えみり、城島茂&仁見、城島茂&森下里美、森田剛&希良梨、森田剛&上戸彩、国分太一&aikoほか

コメント

タイトルとURLをコピーしました