木村拓哉(キムタク)絡みでまた一騒動 - 芸能資料館

木村拓哉(キムタク)絡みでまた一騒動


木村拓哉(キムタク)の新作ドラマに出演する女優、篠原涼子、リン・チーリン、北川景子の3人が、その序列を巡って揉めていると「東京スポーツ」(4月28日付)が報じている。視聴者にとっては、意味のないことかもしれないが、女優にとっては自分の格を決める問題だ。同紙では芸能プロ関係者が答えている。
「当初、リンが1番手になるって詰もあったんです。それに北川サイドが2番手に入らないとおかしいって言い出し、それで大モメになったんですよ」と話した。
「もともと、リンは1番手で出すのが出演条件の一つにあったんです」と同関係者。映画「レッドクリフ」のヒロイン役で、今回が日本の連ドラ初出演となる台湾の女優。日本ではあまりなじみはないが、国際女優の格でくくれば1番手と言い出しても無理はない。
1番手は篠原涼子である。

理由は、出演に乗り気でなかった篠原に、無理を押して出をお願いしたからである。その分、リンの出番を減らしながらも林のギャラアップを行ったということだ。

北川景子は、月9ヒロインを2度演じていることでこれまたプライドがあっただろうが、キムタクとしては、リンの持っているハリウッド女優の肩書きがハクをつけるということで、リンの上位は動かなかったと同紙は説明している。

すべては木村拓哉のためということだ。

木村拓哉主演のドラマは、さまざまな"工夫"と高額予算によって高視聴率を辛うじて維持しているが、今回もそれを裏付けるエピソードが増えたということである。

【木村拓哉関連記事】
木村拓哉と宮沢りえの関係は何だったのか


情報詳細クリック>>ranking

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 森田剛は上戸彩との交際で運気…  |  Hey!Sey!JUMPも『24時間テレビ… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート