勝間和代は本当に謝罪したのか? - 芸能資料館

勝間和代は本当に謝罪したのか?


勝間和代の謝罪が話題になっている。「2ちゃんねる」開設者の西村博之と対談し、「だめだこれ」と言った件でネットが祭り状態になり、本人がブログで謝罪した。
勝間さん謝罪 ひろゆき氏と対談で「だめだこれ」
5月6日23時4分配信 産経新聞

 ネット掲示板「2ちゃんねる」開設者でニワンゴ取締役の西村博之氏とテレビ番組で対談した経済評論家の勝間和代さんが6日、番組中に「だめだこれ」と発言したことなどについて、ブログに「心から非礼をおわび申し上げます」と題する文章を掲載し、謝罪した。

 問題となったのは、BSジャパンで2日夜に放送された経済情報番組「デキビジ」で行われた対談。同番組は勝間さんとゲストとの対談がメーン企画だったが、西村氏と対談では、「ネットの匿名性」「若者の起業」などのテーマで議論がかみあわず、勝間さんが「だめだこれ」などと発言。西村氏は「呼んだ人に対して失礼じゃないですか」と応じたが、発言についての謝罪や撤回はなかった。

 対談はネットの動画サイト「ユーストリーム」でも放送。終了後に動画サイト「ユーチューブ」に対談映像が登録されたことから、ネット上でも勝間さんの態度に非難が高まっていた。

 勝間さんはブログで「ホスト役であるにもかかわらず、持論にこだわりすぎ、ひろゆきさんから話を上手に引き出せなかった」などと反省をつづり、「だめだこれ」発言についても謝罪。ブログやツイッターなどで「数千件のコメントをいただきました」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100506-00000612-san-soci
番組中は「発言についての謝罪や撤回はなかった」のに、ネットで話題になったので慌てて謝罪という印象だ。

ネットでは、もてなすべきホストがゲストなじっているのだから、一般社会のモラルとして批判は当然という意見が大勢だ。

ゲストの人をさして「これ」という言い方は、やはり常識を疑わざるを得ない。

ただ、こうしたことが問題になるのは、言葉尻の問題というより、勝間和代自身のの上から目線という基本的な姿勢そのものが問題になっているのだ。

けだし、これなどは、勝間をよく表している。



笑っちゃうと思わないか?

そもそも、この人が「数千件のコメントをいただきました」と述べているのは、反省を装いながら、「私の発言はこれだけ反響があるんですよ」という手前味噌になっている。転んでもタダでは起きない人だ。

逆に言えば、ネットの世界はともかく、一般的にはまだまだ自分が無名であることをわかっているのだろう。

この人の、どこがそんなに素晴らしいのだろうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 山下智久と木村拓哉の明暗  |  村上信五が戸田恵梨香と結婚す… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート