皆藤愛子の何が「一番めんどくさい女」のか - 芸能資料館

皆藤愛子の何が「一番めんどくさい女」のか


皆藤愛子といえば、『めざましテレビ』のお天気お姉さんとして一躍人気者になった。

皆藤愛子>>ranking角田華子、吉田恵、高樹千佳子に続く4代目お天気アナとして4年にわたって、そのポストを担当した。

2007年7月に発表されたオリコンの「好きなお天気キャスター・気象予報士」ランキングで女性では3回連続2位を、2008年6月発表分では総合1位を獲得している。

その人気と実績から、エンタメコーナーのキャスターにも抜擢された。

だから、今や皆藤愛子は同番組の看板タレントとして頑張っているだろう。

と、思いきや、その皆藤愛子が、番組では「一番めんどくさい女」になっていると「東京スポーツ」(5月16日付)が書きたてる。

何事かと思って読んでみると、舞台裏が大変だというのだ。
フジ社員が暴露する。
「番組スタッフは『も?女性陣がすごい大変なんですよ?』って愚痴をこぼしてます。みんな夜中に出社してきて、しかも生放送だから、オンエア前にばたばたするのは仕方ありません。そのスタッフいわく、中でも一番めんどくさいのが皆藤愛子だそうですよ」
 別のフジ関係者が皆藤の"素顔"を明かす。
「あの子、あんまり深く人間関係を築くのが得意じゃないみたいで、ぶっちゃけ、番組スタッフとはあんまり仲良くしないんですよ。おまけに、エンタメコーナーの担当なのに、芸能ロケとかも興味がないし(笑い)。変わった子ですよね」
これだけでは、具体的にどうめんどくさいのか、仲良くないとはどういう状態か、などがわからない。いったい、皆藤愛子の何が「一番めんどくさい」のだろうか。

いずれにしても、「エンタメコーナーの担当なのに、芸能ロケとかも興味がない」のは、「変わった子」という以前に、女子アナとして仕事熱心でない印象を抱かざるを得ない。
皆藤は今や下手な局アナより人気で、キャスター業以外でも、CMや各種芸能イベントでも引っ張りだこ。そんな多忙な中、平日は毎日夜中起きで仕事しているのだから、「めざましー」で余計な人間関係を持ちたくないのも分かるような気がする。
 おまけに番組共演者のほとんどは局アナ。いくら人気があっても、フリーという立場では周りに気だって使うだろう。そんなストレスからか、昨年暮れには声帯ポリープが見つかり、年明けに切除手術を受けた。
 悪評が出るのは人気のり代償。ただ、今後のためにも「めざまし」スタッフとはもう少し仲良くしたほうがいいのでは、愛ちゃん?
同紙も、さすがにそう忠告せざるを得ないわけだ。

女子アナといっても、局アナという"勤め人"を経験していないだけに、人間関係も仕事のうちという発想がないのかもしれない。

これは、女子アナ界だけでなく、一般の社会人にもあてはまることだ。

それにしても、何が一番「一番めんどくさい」のか、具体的に知りたいものだ。

人間、若いうちは強気だが、もう少し年をとって仕事がなくなってから気づいても遅いのだ。

人気女子アナ・皆藤愛子については、『女子アナスキャンダル調書』に詳しく書かれている。


『女子アナスキャンダル調書』
12月26日発売!

女子アナ研究会=編著
新書判/152ページ(巻頭カラーグラビア8P+本文144P)
定価800円(本体762円+税込)

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 女子アナ胸の谷間論争勃発!  |  赤西仁は、もはや無所属なのか »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート