倉田真由美が夫の前妻から訴えられた - 芸能資料館

倉田真由美が夫の前妻から訴えられた


倉田真由美と叶井俊太郎夫妻が、叶井の前妻から損害賠償を求められている。
くらたま、夫の元妻から訴えられた!

 「だめんず・うぉ?か?」で知られる、漫画家の倉田真由美さん(38)が、映画プロデューサーの夫・叶井俊太郎さん(42)とともに、叶井さんの前妻から損害賠償を求めて訴訟を起こされていたことが分かった。20日発売の「週刊文春」が報じているもの。昨年11月、叶井さんの前妻Aさん(42)が「不倫により精神的苦痛を受けた」として、叶井さんに1500万円、倉田さんに500万円の損害賠償を求めて提訴。裁判は現在も続いている。

 同誌によると、Aさんは、借金を抱えた叶井さんから形式的な離婚を迫られて応じた後、叶井さんと倉田さんの交際を知ったという。当時、叶井さんが知人に送ったという「(倉田さんと)結婚するつもりで中出ししたからさ」とのメール内容も明らかにしている。

 倉田さんは、スポーツ報知の取材に「係争中なので詳細は話せませんが、全面否認の方向で、真実は裁判の中で明らかにしていきます」とコメントした。

 昨年7月、バツ3で600人斬りという大性豪キャラの叶井さんと倉田さんの交際と妊娠が発覚して話題に。その後2人は入籍し、倉田さんは前夫との間の息子と、昨年11月に生まれた女児とともに暮らしている。
5月20日8時1分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100520-00000039-sph-soci
叶井俊太郎の前妻としては悔しいから一泡吹かせようということなのか。

「借金」が理由だったはずなのに、本当の理由が「倉田真由美」だから悔しかったのか。

元の配偶者として、「精神的苦痛」が法的に認められるのかどうか、裁判の経緯を見るしかないが、少なくとも言えるのは、人の気持ちは法で縛れるものではないし、婚姻生活は片方だけの責任で破綻するわけではないということだ。

叶井俊太郎夫妻が婚姻生活を継続できなかった責任は前妻にもある。もしくは、そんな夫(叶井俊太郎)を選んだという時点で前妻の「自業自得」である。

少なくとも、家庭裁判所などはそのような「中立」の判断をする。

なぜなら、浮気や暴力が、法に触れればその責任はとらねばならないが、そうさせてしまった責任というのも見なければ、真相には迫れない。

結婚したけど、他の女がもっと良くなることはある。

無責任かもしれないが、それは気持ちの問題であり、法で裁くようなことではない。

ましてや「バツ3で600人斬り」の男なら、そんなことはわかりきっていたことだろう。

誰だって、配偶者がいても他の異性を「いい」と思うことはある。だが、普通はそこて終わり。ところが倉田真由美はこたえた。それだけの話だ。

前妻に訴える権利はある。すっきりしない気持ちをそれで晴らしたいのかもしれないが、とにかく男と女というのはそういうものなのだ。

有名人の裁判については、『平成の芸能裁判大全』(鹿砦社)に背景や裁判の様子が詳しく書かれている。


芸能裁判研究班[編著]
鹿砦社刊
A5判/200頁/並製
定価1,500円+税

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 木村拓哉が絶叫して期待するハ…  |  女子アナ胸の谷間論争勃発! »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート