松本潤は木村拓哉がネックなのか - 芸能資料館

松本潤は木村拓哉がネックなのか


松本潤といえば嵐のエース。意外にも、これまで月9ドラマに主演したことはなかったが、7月クールで初主演すると報じられている。

松本潤>>rankingしかし、月9といえば、現在木村拓哉主演のドラマを放送中だ。
5月28日7時0分配信 まんたんウェブ
 人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さん(26)が、7月放送予定の"月9"ドラマ「夏の恋は虹色に輝く」(フジテレビ系)で主演を務めることが28日、明らかになった。ヒロインは竹内結子さん(30)で、松本さんが竹内さん演じる訳ありの年上美女に恋をするというラブストーリー。月9ドラマの主演、フジテレビ系の連続ドラマの主演はいずれも初めてとなる松本さんは「『月9』に出演させていただくことを、とても光栄に思っています。同時にプレッシャーもありますが、自分にできることを探して頑張りたいと思います」と意気込んでいる。
松本潤が月9の主演、というニュースはすでに以前からあった。

たとえば、『週刊文春』(5月20日付)には、「『次の月9』主役は"嵐のエース"松潤なのに...」という記事が出ていた。
「七月クールのフジ月9がマツジュン(松本濁・26)主演に決まり、共演は竹内綾子といわれています。ただし、せっかく"嵐のエース"の登場なのに、ジャニーズの先輩に気を使ってか、キムタク主演の月9『月の恋人』の第一回が放送されたいと発表できない(笑)。さらに十月のフジでも二宮和也(26)が主演するそうです」(フジテレビ関係者)
 相葉雅紀(27)は昨年十月の『マイガール』(テレ朝)で主演を務めており、メンバーが五クール連続主演と、極めて異例のことになる。
「特にマツジュンは見で初めての月9主演ということになります。今クールのキムタク主演作と比べられるでしょうし、昨年の『スマイル』は平均視聴率が一〇%とコケたので、プレッシャーは大きいでしょう」(スポーツ紙記者)
さらに記事は、同クールに東山紀之や長瀬智也らの出演番組もあり、先輩達がライバルになることを報じている。

通常なら、ジャニーズタレント、とくに一押しの嵐の、しかもエースタレントの松本潤なら、ジャニーズ事務所が全勢力を傾けてバックアップするところが、木村拓哉がつっかい棒になっているという話だ。

ここには、木村拓哉=SMAPと、松本潤=嵐という、ジャニーズ事務所の拮抗する2大勢力の対立もかいま見ることが出来る。

いずれにしても、芸能界は先輩だからといって遠慮する必要はない。

昨年も、山下智久が月9ドラマ『ブザー・ビート?崖っぷちのヒーロー?』に出演した際、北川景子との思わせぶりな関係や、イケメンの裸など話題満載などで、平均視聴率はその前に放送されていた『婚カツ』(10.49%)を超える14.4%(同)。"中居正広超え"で夏ドラマ中第3位に食い込んだことは記憶に新しい。

松本潤自身も、『花より男子』が木村拓哉の『華麗なる一族』を視聴率で上回った経験があるではないか。

松本潤にとっては大きなチャンスともいえるのだ。

【関連記事】
松本潤は「姉」との熱愛を騒がれた

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 木村拓哉の主演ドラマ不振でま…  |  赤西仁、緊急帰国でクラブに入… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート