"沢尻エリカ離婚"に見る芸能マスコミの問題点 - 芸能資料館

"沢尻エリカ離婚"に見る芸能マスコミの問題点


紙の爆弾2010年7月号


月刊『紙の爆弾』7月 号
6月7日発売!
A5判/98頁
定価500円(本体476円+税)
今月も『紙の爆弾』が発売された。

目次をご紹介しよう。


芸能界のドンの"ヒモ付き司会者"
宮根誠司「業界から総スカン」自業自得の惨状

沢尻エリカ離婚"官製スクープ"でわかった
「日本の芸能マスコミはもうダメだ」

普天間基地移設問題の裏で「報道されない沖縄土地問題」
沖縄の土地を買いあさるKY有名人の悪辣地上げ

『読売新聞』による販売店への"いやがらせ"
ついに「被告 渡邉恒雄」出廷の可能性

シリーズ「陰謀の血脈」第十三回
日本支配を完成させた特権一族相関図「岩崎家」

刑務所内「虐待」「いじめ」「隠蔽」...次々と明らかになった「塀の中の組織犯罪」の実態

安保条約改定50周年
米国の言うがままジブチ(東北アフリカ)に自衛隊基地を建設した
「アメリカ従軍慰安府」日本
【資料】ジブチ共和国における日本国の自衛隊等の地位に関する日本国政府とジブチ共和国政府との間の書簡

パチンコメーカー「今年は業績悪化」?
販売不振を予期させる数々の不安要素

『障害者自立支援法』廃止で福祉の本質は見えてくるのか?
「精神病院を捨てた」イタリア「医療観察法に固執する」日本 その差異を問う

〈連載〉
ワイドショーを読む......みおなおみ
マッド・アマノ「風刺画報」
裏金告発した元愛媛県警巡査部長 退職後も続く闘争
キラメキ★東京漂流記
本誌発「デジタル紙の爆弾」今月のスクープ!
死刑囚・清水大志 獄中からの手紙(四)
T-1二見のマット界断罪日記
月刊 高須新聞
まけへんで!! 今月の西宮冷蔵
絵の爆弾 増山麗奈


宮根誠司という司会者が最近注目されていたが、さっそく批判記事が出た。
別の見方をすれば、これで彼も一人前だ。

「芸能裁判を読む」は、今月から「ワイドショーを読む」にタイトルが変わった。

ワイドショーやスポーツ紙は、今や政治・経済を含めて、
お茶の間から手っ取り早く社会の一大事を知るコンテンツになっている。
それだけに、取り上げ方についてはきちんと見ておく必要がある。

今回はアスベストについてだ。
おりしも、アスベストの家庭内暴露による肺がんがニュースになっている。
肺がんといえば、非喫煙者・梨元勝の肺がんも話題になっている。
このへんを線としてつなぐために、ぜひ同書をお読み頂きたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« 松本潤や大野智のニュースが一…  |  木村拓哉、ジャニーズ事務所の… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート