民主党議員の「政治とカネ」に肉薄する『紙の爆弾』 - 芸能資料館

民主党議員の「政治とカネ」に肉薄する『紙の爆弾』


『紙の爆弾』8月号(エスエル出版会)が7日、発売された。

月刊紙の爆弾8月号
月刊『紙の爆弾』8月号
7月7日発売!
月刊『紙の爆弾』8月号
7月7日発売!
A5判/98頁
定価500円(本体476円+税)
さっそく目次をご紹介しよう。

玉置浩二(安全地帯)"熱愛騒動"問題発言が浮き彫りにした
芸能界「二人の大物」の"消えない確執"

2010参議院選挙
マスコミの当落予想はどこまで正確なのか
世論調査の裏を暴露する

バカ丸出しのサッカーW杯報道で
スポーツマスコミはついに人々に見限られた

脱「政治とカネ」を掲げる枝野幹事長の下
突如噴出した民主党議員の「政治資金規制法違反」疑惑を追う!

シリーズ「陰謀の血脈」
日本支配を完成させた特権一族相関図 第十四回「岩崎家2」

武富士出身者、旧アルゼ顧問弁護士らが跳梁跋扈
「債務整理業」に横たわる「非弁行為」の不法を告発!

偽装反日集団か? 官製カルト団体か?
「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の正体を探る

「リンリンハウス放火事件」法廷で明かされた
「覚せい剤密売」「被告に便宜」「暴力団に拳銃調達依頼」
広島県警"問題刑事"のトンデモ行状

最高裁も「一票の格差=有権者差別」を黙認
またも繰り返される参議院選挙のインチキ猿芝居を嗤う

「1円パチンコ」「5円スロット」普及が進むパチンコ「低貸玉営業」
順調の理由と影に潜む不安要素

鹿砦社被弾圧5周年に想う
「弁証法」は死語となったのか?

【連載】
ワイドショーを読む
マッド・アマノ「風刺画報」
裏金告発した元愛媛県警巡査部長 退職後も続く闘争
キラメキ★東京漂流記
本誌発「デジタル紙の爆弾」今月のスクープ!
T-1二見のマット界断罪日記
死刑囚・清水大志 獄中からの手紙
月刊 高須新聞 まけへんで!!
今月の西宮冷蔵
絵の爆弾 増山麗奈

「脱『政治とカネ』を掲げる枝野幹事長の下
突如噴出した民主党議員の『政治資金規制法違反』疑惑を追う!」は、
読んでおいて頂きたい好記事だ。

一部のマスコミには、民主党徹底擁護の論調がある。
いわゆる左翼・リベラルのスタンスで
食っている文化人にはこれが多い。

政権交代していいこともあったじゃないか
自民党がずっと政権を取ってきたのだから
初めは誰でも間違いがある。長い目で見ろ。
前に戻っても良いのか
辛抱しよう、という論調だ。

民主党に何があっても批判しようとせず、
民主党批判はすべて「守旧派」の謀略だとする。

しかし、政権党が批判されるのは当たり前の話であり、
マスコミや国民の辛抱の上に辛うじて成り立つような政権など
とっとと潰してしまった方がいい、とさえ筆者は思う。

「日刊ゲンダイ」などは、
数年前は小沢一郎叩きの新聞だったはずなのに
現在は小沢一郎を偉大な政治家に
してしまう自己矛盾を恥じず、
辻褄の合う説明もなくその先頭を走っている。

ちなみに、同紙は鳩山時代の
内閣支持率低下について
有権者をはっきりと「愚民」と言い切っている。

民主党をかばうためにそこまで言うか?
と読んでいていささか不愉快になる。

自民派、民主派に分かれた
ディベートゲームのような報道では、
有権者はきちんとした判断が出来ない。

ディベートゲームというのは、
自分(たち)の不利なことは隠し
相手の弱いところだけを巧妙にたたき合うゲームだ。

一断面のそのまた一要素を
膨大に取り上げて全体であるかのように
見なしてぶったたく見せ方に優れた「器用な」者が
勝つようになっている。

だが、それはあくまでも「ゲーム」の興趣でしかない。
全体から、それぞれの主張を精査し
その問題点を見るということをしない限り
国民は真に合理的な判断は出来ないだろう。

もっと是々非々で報じたらいいじゃないか。
後の判断は有権者が行う。

同誌が民主党(議員)を叩く記事を発表したことは
その意味で画期的なことだと思う。

メディアなら、古い饅頭も毒饅頭も
どちらも是々非々で叩いて欲しいものである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
« ジャニーズの梅雨明けはこれだ!  |  国生さゆりと新田恵利がおニャ… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート