東山紀之が結婚を決意した衝撃手記 - 芸能資料館

東山紀之が結婚を決意した衝撃手記


東山紀之&木村佳乃夫妻に子どもができたという。何にせよ、めでたいことである。2人は2008年3月の舞台共演をきっかけに急接近。俳優として尊敬し合う存在から異性としてもひかれ合い、交際がスタートした。真剣交際に発展し、双方の自宅を行き来するなど、1年半ひと目のつかない形でデートを重ねて結婚となった。

だが、これまでのことがあったので、マスコミは懐疑的だった。

東山紀之といえば、過去に牧瀬里穂、藤島ジュリー景子、深田恭子、武内絵美、内山理名など熱愛報道があったからだ。

牧瀬は1990年10月にパーティーの席上で東山と出会い、口説き上手の東山にコロッと参ってしまった(「日刊ゲンダイ」2002年11月10日付)。が、極度の潔癖症の一方で、潔癖性や理不尽ないじめ等人格的にいろいろ難しいという指摘もある(『KATーTUNへ』鹿砦社)東山相手に破局した。

ジュリーの場合は、事務所の後継者問題がからんだが、結局ジュリーは別の男と結婚してしまった。

深田恭子の“通い妻”が発覚したのは1999年11月。『FRIDAY』(2000年1月7・14日号)では、「誰もが信じられなかった“年齢差16歳”熱愛」と題して、深田が東山の部屋を訪れる写真を99年下半期のトップスクープとして掲載している。だが、これも続報がない。

武内とは密会専用マンションの逢瀬を写真誌に撮られたが、この関係も何となくフェードアウトした。そして、内山との交際は、最初からヤラセではないかと疑われたものだった。

そのときは内山理名の所属事務所・スウィートパワーは、「お付き合いしていることは事実」と交際を大筋で認め、ジャニーズ事務所も「事務所としては特に申し上げることはございません」と黙認コメントを出している。

だが、今度の木村佳乃とは、今にして思えば、これまでとは違うところがあった。

ひとつは、“恋人”森光子を滝沢秀明や亀梨和也らに譲ったことである。もうひとつは、これまでの人生を振り返った手記の発表である。

『週刊朝日』(年末年始合併号)からスタートした新連載コラムで、自らの波乱の生い立ちを告白して話題になった。タイトルは「これまでと、これからと」で期間は1年間。題名通り、生い立ちから将来についてまでを東山自身が述べたものだ。

同編集部は起用理由を「歌も踊りも演技も完ぺきで、芸能界のアスリートというイメージがある今の東山さんがどう形成されてきたのか。とても興味深い」としている(2008年12月21日更新「朝日コム」)

中身は、これまで伏せてきた苦労した生い立ちが書かれていた。

「僕は両足に大ヤケドをした。よほど衝撃が強かったのだろう。まだ1歳にならない、生後8カ月ぐらいのときの話なのに、今もその痛みを肌が覚えている。

そのころ、僕の一家は、川崎駅近く、ソープランドが密集する界隈の、父方の祖父母の家で暮らしていた。祖父はロシア人の血を引いていた。大漕飲みで、昼間、理容師の母が仕事に出ている問に酔って暴れ、ポットをひつくり返して熱湯が僕の足にかかったのだ。(中略)

忘れていたヤケドの記憶がよみがえったのはデビュー後、18歳か19歳のころだ。踊っていたとき、股関節が激しく痛みだした。整形外科の診断を受けると、足の軟骨がすり減っているという。長年、知らず知らずのうちにヤケドで痛めた足をかばい続けてきた結果だった」

「僕は父の名前も顔も知らない。幼いとき、偶然に父の写真を見た記憶があるが、母はそれをすぐ隠し、二度と見せなかった。(中略)

28歳のとき、僕は井沢満先生脚本の『夜に抱かれて』というドラマに出た。冒顔シーンは、借金取りが床に包丁を突き立てる前で僕が土下座するというものだった。それを見た母から突然、電話がかかってきた。

『うちのこと、話したの?』
『話すわけないだろ』
 借金取りは、いつの時代もどこでも同じことをしているらしい」

「家族の数だけ家庭の形はある。母子3人での生活、僕にとってそれはごく自然な光景であった。(中略)幼い僕にとって、この人 に捨てられたらもう生きてはいけない、母親は、小さな世界の“すべて”とも言える存在だった」

母を思う気持ちと、父を慕えない疑念や空虚さや悔しさなどが自らの生き様を形成してきた彼にとって、ジャニー喜多川は父親のような存在だったのかもしれない。

東山は「自分自身の人生と生き方を再確認、再発見するために、この連載を始めることにしました。僕の『生き方』をどのように感じていただけるか楽しみです」と語っている(2008年12月21日更新「朝日コム」) 。

東山紀之には、これからは父親としても頑張って欲しい。

ジャニーズタレントの恋愛遍歴については、『ジャニーズ恋愛相関図』(鹿砦社)に詳しく紹介されている。ファンはぜひご一読いただきたい。


『ジャニーズ恋愛相関図』
詳細クリック>>


【同書の目次】
第1章 恋愛相関図1
第2章 恋愛相関図2
第3章 恋愛相関図3
第4章 ゴールイン+熱愛報道続行
第5章 封印したい下半身スキャンダル

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 前田敦子(AKB48)の映画『も…  |  生田斗真主演で人気漫画の『僕… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート