黒田勇樹、自殺未遂も「笑撃」扱い - 芸能資料館

黒田勇樹、自殺未遂も「笑撃」扱い


黒田勇樹が自殺未遂したという記事が『東京スポーツ』(10月12日付)に出ている。ああ、そういえばそんな俳優もいたなあ、と思うのはちょっと彼に気の毒だ。かつては、山田洋次監督の『学校III』で、キネマ旬報賞新人男優賞、日本映画評論家大賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、全国映連賞男優賞を受賞などを独り占めしたこともある大物。

いったいどうしてしまったのか。

記事のタイトルは、「発端は6股バレ 黒田勇樹 自殺未遂の笑撃真相」という。

加護亜依が、交際相手の恐喝未遂事件絡みで警視庁に事情聴取された日に、薬物で自殺しようとしたというツイートを黒田勇樹は本人が行い、芸能界でもちょっとした騒ぎになっていたというのだ。
発端は6股バレ
黒田勇樹 自殺未遂の笑撃真相

 黒田の代表作といえば、「KinKiKids」堂本剛(32)演じる主人公をイジメまくる中学生を怪演したTBS系「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」(1994年)だが、そんな連ドラタイトルを地でいく騒動が発覚したのは先月7日。恋人に「死んで」と言われ、「まぁそれも良い人生か」と自宅ベランダで首をつろうとしたが怖くなり、酒で薬物を飲み、気付いたら病院にいたーそんな衝撃ネタを、本人がツイッターでつぶやいたのだ。
 当然、芸能マスコミの間でも「黒田勇樹が自殺したらしい」と情報が流れ、騒ぎに。この日は、加護が交際相手(44)の恐喝未遂事件絡みで警視庁に事情聴取された日だ。その4日後の同11日、加護は薬物を大量摂取し手首を切った。
 加護の自殺未遂を受け、黒田は翌12日未明に公式ホームページ内のブログを更新。「色々と情報が錯綜して俺も自殺未遂したみたいになってるけど 真相は彼女と喧嘩しててベランダから落ちた」と釈明。ツイッターでも「痴話げんかしてベランダのふちに立ってたら足滑ったってだけの話なんだけどな…」とした。ちなみに黒田の部屋は2階。騒動の発端となった、その「痴話ゲンカ」というのがまた驚き。知人が明かす。
「黒田はその本命のカノジョと同棲してるんですが、実はそれ以外に付き合ってる子が5人いたんです。で最近、黒田はケータイを本命カノジョにチェックされてるんじゃないかと思うようになり、わざとケータイを部屋に置いて外出。そして帰ってきたら、やっぱりケータイはチェックされていて、それで本命の子と大喧嘩になっちゃったんですよ」
 共に色恋沙汰の自殺未遂騒動だったが、年上恋人一筋の加護に対し、黒田は実に“6股”…。ここが両者の大きく違う点だ。

詳細クリック>>

 黒田は昨春、芸能界を引退し、なんと一転フリーターに。ただツイッターを頻繁に更新したり、自作イラストやアニメをネットに投稿するなどクリエーターとしての才能を発揮し、ネット住民の間ではちょっとした有名人だ。
「ハローワークに行ったりと職探し中で、ゆくゆくは映像制作会社で裏方として働きたいようですが、テレビなんかの芸能の仕事も依頼があればやってますよ。仕事はそんなですが、女関係は途切れたことがないってのが黒田の自慢ですかね。芸能界を辞めたらモテるようになったそうですよ(笑い)」(知人)
 黒田はツイッターで加護をフォローしていて、加護が退院翌日の先月17日につぶやいた謝罪コメントもさりげなくリツイート。
 今は何事もなかったかのように、おバカなつぶやきを毎日頻繁にしているが、陰ながら加護を案じているようだ。
記事に出ている黒田勇樹はすっかりひげ面のおっさんである。

「美少年」で売り出した黒田勇樹も、年とともにひげも濃くなる、髪も薄くなる、肌も汚くなる。では、自分から「美少年」をとったら何が残るか、というところに答えがなかったから「引退」せざるを得なかったのだろう。

子役から大人への移行はげにむずかしいものだ。

月刊『紙の爆弾』2011年11月号

『月刊『紙の爆弾』2011年11月号』
A5判/112頁
定価500円(本体476円+税)
エスエル出版会


ドラッグで逮捕連鎖なのに警察が天下り
芸能界薬物問題第2幕
「エイベックス」が怯える“Xデー”

芸能界を引退して隠遁生活も 島田紳助
「傍若無人」の悪評と 沖縄カジノ利権への野望

島田紳助の引退を皮切りに
「暴力団排除条令」に怯える 「マル暴密接交際芸能人」たち

“落ちぶれ”加護亜依を狙う
テレビ不況が生み出した
「劣化アイドル」というエゲツない商売

売国奴列伝・日本を売り渡した男たち 第十回 フジテレビ騒動〈後編〉

逮捕者続出!狙われる反原発デモ 警察の強硬姿勢に垣間見える思惑

食品業界との癒着で
子どもを内部被曝させた横浜市の罪

少女を狙え!「子宮頸がんワクチン」
集団接種をめぐる“危険な話”

ABCホーム元会長の「カジノぼったくりツアー」と
芸能界タレント人脈

日本を崩壊させる 野田政権「悪魔のシナリオ」

三井環(元大阪高検公安部長)の新たな告発
検察「調査活動費流用問題」に光を当てた2つの告発

外国人地方参政権の「歴史」と日本の未来

「冬の節電」に向け戦々恐々 パチンコ 輪番休業のアツい夏を振り返る

〈連載〉
TOPIX
ワイドショーを読む
マッド・アマノ「風刺画報」
不良老人の言いっぱなし 安部譲二
鈴木邦男 ニッポン越境問答
キラメキ★東京漂流記
シアワセのイイ気持ち道講座
風俗広告代理店マンのエイギョー日誌
裏金告発した元愛媛県警巡査部長 退職後も続く闘争
まけへんで!! 今月の西宮冷蔵

詳細はここをクリック>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 暴力団追放はやはり掛け声だけか  |  島田紳助、今度はナンバー2と… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート