暴力団追放はやはり掛け声だけか - 芸能資料館

暴力団追放はやはり掛け声だけか


暴力団排除条例が施行されたが、矛盾や弱点が各方面からいわれていた。ならば施行者がきちんと説明し、その運用をきちんと見守るべきなのに、なんと施行責任者が「霞ヶ関のルール」で現場をトンズラするというのだから腹が立つ。

ナンだ、やっぱり暴力団撲滅なんて本気ではなかったんだ、と失望せざるを得ない。
任期満了でさっさと退任
トンズラ安藤警察庁長官にヤクザは恐らく高笑い

 警察庁の安藤隆春長官(62=写真)が勇退し、後任に片桐裕次長(60)が昇格する人事が14日の閣議で了承された。
 唐突な退任にさまざまな臆測も飛び交ったが、これは順当な人事。ただし、「霞が関のルールにおいて」という意味だ。
「今年の6月で任期丸2年になった安藤長官は辞めるタイミングをうかがっていました。ところが、管政権が大弘道震災の対応を優先するために幹部人事の凍結命を出していたため、辞め時を逸していたんです。野田政権に代わったが、国会会期中は交代できない。で、臨時国会が終わった直後のこのタイミングになった。10月から東京でも暴排条例がスタートし、ひとつのケジメもっいたということもある。また、いま辞めないと、来春まで辞め時を逸し、後輩の人事が詰まってしまう。霞が開流の既定路線の交代です」(警察庁関係者)
 これに呵々大笑しているのは暴力団ではないか。安藤長官といえば、「弘道会の弱体化なくして山口組の弱体化はなく、山口組の弱体化なくして暴力団の弱体化はない」と勇ましかった。これまでタブーだった暴力団と芸能界、スポーツ界との癒着にも切り込み、紳助事件もその余没ではじけたことは言うまでもない。しかし、「さあこれから」というときに、「霞が関ルール」で辞めてしまう。この辺が役人なのである。ノンフィクション作家の溝口敦氏もこう言った。
「すべてが中途半端な形でとっ散らかして辞めるような印象ですね。山口組、弘道会を弱体化させたというが、彼らは分裂しているわけでもないし、先日、山口組の司忍組長は新聞のインタビューで暴排法を痛烈批判し、『地下に潜るだけ』『まったく心配していない』と語っていた。暴排法というのは、これまで警察VSヤクザの闘いだったのを社会VSヤクザという構図にしたものです。果たして、これで暴力団を撲滅できるのか、と思っていたら、さっさと任期で辞めてしまう。後任も苦労すると思いますよ」
 後任の片桐次長は生活安全畑だ。ますます心配になってくる。
『日刊ゲンダイ』(10月17日付)
戦後史上、近代「民主」警察が持てない「暴力性」を使って事を沈静化させたい時、警察はヤクザに取り入って利用した。

そして用が済むと排除しようとした。しかもそれは実はポーズとして……

終戦後、“戦勝国民”と称した在日朝鮮人の振る舞いを鎮めるために活躍したのは、70年代のヤクザ史に名を残す田岡一雄、地道行雄、菅谷政雄らの自警団、ギャング団といわれる。

当時組織化されたヤクザのほとんどは、それがはじまりといってもいいだろう。

彼らも自主的に動いたが、警察自体が彼らに頼んだのである。

しかし、恩知らず(?)の警察は、戦後の「民主」化を進める1950年に、団体等規制令によって暴力団解散に動く。

ところが朝鮮戦争が勃発すると、その規制はいつのまにかうやむやになる。やっぱりヤクザを利用しようという方針になったのだ。

ヤクザの扱われ方が、アメリカ占領下に於ける日本の政治的な都合で二転三転していることがわかる。

昭和30年代、港湾労働者の側に立ちながらも非共産の港湾荷役協議会会員だった田岡一雄三代目山口組組長は、国にとっては安心できる“リベラル”な活動家だったから黙認して一日署長すら任せた。

また、60年安保闘争のさなかであることから、警察はヤクザと共存する方策をとった。

それが山口組の勢力拡大抗争につながり、また昭和40年代になって社会も高度経済成長時代に入り、もはや戦後ではなくなると、今度はまた暴力団追放である。頂上作戦と名付けて幹部を次々逮捕し、彼らから生業を切り離して資金源を断った。

それでいながら、警察官の一部は定年後、ヤクザが深く関わっているといわれるパチンコ関係に「天下り」すると指摘するOBもいる。

司忍組長は産経新聞のインタビューで、今回の暴力団排除条例をこう語っている。

「山口組というのは窮地に立てば立つほどさらに進化してきた。昭和39年のときもわれわれの業界は終わりだといわれていた。ところがそれから1万人、2万人と増えた。弾圧といえば語弊があるが、厳しい取り締まりになればなるほど、裏に潜っていき、進化していく方法を知っている。」

司忍組長は、ヤクザ撲滅の本気度を見透かしていたのかもしれない。

飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相

『飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相』
飛松五男=編著
四六判/本文288ページ/カバー装
定価1470円(本体1400円+税)


『たかじんのそこまで言って委員会』『たけしのTVタックル』ほか報道番組で異色のキャラクターを発揮し人気爆発!
現場には真実がある! 真実は必ず明白になる!
現場第一主義・事実至上主義の元刑事だけが語れる事件分析と解決、および被害者対策。
複数の報道番組で採り上げられた西成女医不審死事件、加西女教師死体遺棄事件、
姫路二女性バラバラ殺人事件、秋田児童連続殺人事件、山口組、竹中正久、司忍……
誰も見抜けなかった真相が本書でいよいよ明らかに!

【構成】
第一章 大阪西成女医不審死事件
     (さっちゃん先生事件)
第二章 飛松五男、事件と警察とヤクザを語る
第三章 秋田児童連続殺人事件

詳細クリック>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 島田紳助に名前を出されて迷惑…  |  黒田勇樹、自殺未遂も「笑撃」… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート