前田五郎、中田カウス問題で吉本興業に敗訴 - 芸能資料館

前田五郎、中田カウス問題で吉本興業に敗訴


前田五郎が、中田カウス宅に脅迫状を送ったとされた事件がもとで、前田五郎が吉本興業を契約解除になった。その件で前田五郎が訴えていたが、訴えは棄却された。
前田五郎の全面敗訴である。

「前田さん「活動休止に同意」=吉本興業への訴え棄却―大阪地裁

時事通信 10月20日(木)17時30分配信
 漫才師中田カウスさん宅に脅迫状が届いた事件をめぐり、元漫才師前田五郎さん(69)が「意に反してタレント活動を休止させられた」などとして、吉本興業などに総額約1億2400万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は20日、請求を棄却した。
 野々上友之裁判長は「周辺が混乱すると吉本側から強く説得され、原告も不本意ではあったが休養に同意していた」と述べた。筆跡鑑定を強制されたとする主張も「決断したのは原告自身だ」と退けた。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000092-jij-soci

「すると、吉本側の10人は「脅迫文と同じ文章を書いてもらえますか」と言い始めました。疑われているどころか、既に犯人扱いでした。悔しくて、情けなかった。

 脅迫文と同じ文章を書く理由なんてありませんから、最初は「書かん」と拒否しました。それでも「書いて欲しい」と迫り続けるので、僕もキレた。

「そんなもん書かんわ!どうしても書け言うなら、近くの南警察署に行こうやないか。両署でなら、いくらでも書いたるわー!」

 それでも10人は食い下がり、最後は根負けして、どうせ自分にやましいところはないからと、脅迫状の文面を書きました。こんな内容です。

『舞台に立てぬ様にしてやる』
『吉野(伊佐男会長)も大崎も同様だ』

 これが忌まわしい日々の始まりやった。最初の聴取から10日が過ぎた5月25日、『デイリースポーツ』が「前田五郎が脅迫文を書いた疑いがある」「大阪府警が任意聴取中」と報じたのです。聴取なんて受けていませんから、仰天しました。吉本からは、「こんな記事が出たままで仕事をされると、報道陣が押し寄せて来るから、会社が困る。お前も漫才がやれんだろうから、しばらく休養してくれ」

 と一方的に通告されました。

 僕は「潔白なんやから、休みませんで。休養したら、罪を認めたことになってまう。絶対に休まへん」と必死に抵抗しました。

 しかし、会社は僕の主張を却下し、「休まへんでも、仕事は一切入れん」と言ったのです。話し合う余地などありませんでした。『週刊現代』(10月29日号)」

これでは、前田五郎がずいぶん損をした感じだ。
何を言われても脅迫状の文面を書いてはいけない、仕事を入れる吉本側が「仕事を入れない」と言っているのに前田五郎が同意したように言われる。

そもそも、吉本興業とヤクザの関係こそが元凶ではないのか。島田紳助問題は、そうした会社の体質にも一因があるのではないかと思ってしまう。

飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相

『飛松五男の熱血事件簿 私だけが知っている不可解事件の裏側と真相』
飛松五男=編著
四六判/本文288ページ/カバー装
定価1470円(本体1400円+税)


『たかじんのそこまで言って委員会』『たけしのTVタックル』ほか報道番組で異色のキャラクターを発揮し人気爆発!
現場には真実がある! 真実は必ず明白になる!
現場第一主義・事実至上主義の元刑事だけが語れる事件分析と解決、および被害者対策。
複数の報道番組で採り上げられた西成女医不審死事件、加西女教師死体遺棄事件、
姫路二女性バラバラ殺人事件、秋田児童連続殺人事件、山口組、竹中正久、司忍……
誰も見抜けなかった真相が本書でいよいよ明らかに!

【構成】
第一章 大阪西成女医不審死事件
     (さっちゃん先生事件)
第二章 飛松五男、事件と警察とヤクザを語る
第三章 秋田児童連続殺人事件

詳細クリック>>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 有働由美子は際物街道を行く!  |  『紅白』のキーワードは「震災… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート