芸能界「衝撃セックス」のAYA暴露 - 芸能資料館

芸能界「衝撃セックス」のAYA暴露


芸能週刊誌も暮れになって、2011年を振り返る記事を掲載している。そういう記事を見ると、ああ、年の瀬なんだなあと実感する。

たとえば、今週発売の『アサヒ芸能』(12月29日、1月5日合併号)では、ジャニーズタレントのお伽をしていたとの暴露や自殺などで話題になったAYAが取り上げられている。

『ジャニーズに捧げるレクイエム』が、「東京スポーツ」の終面で紹介されたのは3月9日付。キムタクこと木村拓哉が「恐怖」を感じている40代の熱烈追っかけファンがいるという記事の囲みに、「恐怖」つながりで、自殺した元タレントのAYAこと牧野田彩さんのことも触れられている。

400字程度の囲み記事の中に、AYAこと牧野田彩さんがジャニーズタレントの恥部を知っていて、その衝撃の中身は同書に書かれているというものだ。引用しよう。

「ジャニーズにとって頭が痛いのは、キムタクをつけまわすAさんの問題だけではない。“嵐を食った女”と言われ、昨年10月に自宅マンションから飛び降り自殺した元タレントでAV女優AYA(本名牧野田彩、30=当時)さんの自殺の真相をつづったとされる暴露本「ジャニーズに捧げるレクイエム」(鹿砦社刊)が、先月10日に発売されたこともそうだ。

「AYAさんの自殺について、嵐のメンバーも所属のジャニーズ事務所も沈黙したままですからね。真相を明らかにした暴露本が出版されたことで、周囲はかなりのショックを受けてますよ」(関係者)

 AYAさんは嵐だけでなくジャニタレと仲が良く「しょっちゅう遊んでいた。ある意味、ジャニーズにとってはジャニタレの恥部を知る危険人物だったんです」(前同)

 AYAさんは自殺する数日前に「芸能界の大物に殺される」と訴えていたという。友人たちは「妄想だ」と一蹴したそうだが、出版された暴露本の中には、そのあたりの詳細も含めて衝撃の事実が記されている。」(同誌)

冒頭の『アサヒ芸能』では、こう説明されている。

「女性の名前は、人気AV嬢のAYA(享年30)。彼女は元歌手として、小室哲哉プロデュースのグループにも所属。その一方で、華麗な交友関係で、過去にはジャニーズのタレントとの交際も“暴露”していたのだ。」

暴露本によると、AYAが初めて好きになったのはV6・森田剛。ただ、森田剛とは結局会えず仕舞だった。平成生まれグループのYとも肉体関係を持った、などとサイゾーウーマンにも書かれたが、いちばんお盛んだったのが、ジャニーズタレントではもっとも勢いのある嵐だというから穏やかではない。

詳しくは、同書をごらんいただきたい。

ジャニーズに捧げるレクイエム

ジャニーズに捧げるレクイエム

  • 作者: ジャニーズ研究会
  • 出版社/メーカー: 鹿砦社
  • 発売日: 2011/02
  • メディア: 単行本

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« AKB48のチカラ技で明け暮れた2…  |  暴力団排除条例は広告業界で奏… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート