嵐が「国民的スターになる」 - 芸能資料館

嵐が「国民的スターになる」


芸能界の麒麟児、嵐の勢いが止まらない。今年大晦日の『第62回NHK紅白歌合戦』司会に決まった嵐は、「観光立国ナビゲーターとして、被災地の方々に少しでもお役に立てるよう、微力ながらやらせていただきました」(11月4日の新CM記者会見で相葉雅紀)と、6月に発売した著書『ニッポンの嵐 ポケット版』(エム。シィオー。)の印税など3億150万円を東日本大震災被災3県に寄付した。それだけでなく、11月23日には、NHKで初の冠番組『嵐の明日に架ける旅』に出演もした。

具体的には、嵐のメンバーがそれぞれ日本各地の人物やグループを訪ねて取材するものだ。

大野智は、宮城県牡鹿郡女川町を訪れ、東日本大震災後も地元の子ども向けにヒーローショーを続けるローカルヒーロー「イーガー」や、その活動を支える商工会青年部の人々を訪ねた。

二宮和也は、和歌山県有田郡湯浅町にある170年以上続く手作りのしょうゆ蔵を取材し、一家4代の思いを聞いた。

松本潤は、埼玉県川口市。世界のセレブにも愛される今話題のカバンや小物を製作する精密板金加工工場に赴いた。

櫻井翔は、富山県富山市に赴き、大学卒業後故郷に戻り、両親の農場で働く25歳の女性に話を聞いた。

相葉雅紀は佐賀県鹿島市にて、有明海の干潟に生息するムツゴロウを独特の方法で釣る「むつかけ漁」にチャレンジ。30年ぶりに現れた後継者の青年を訪ねている。

二宮和也は、「この番組で、日本の人、技、伝統、そしてきずなを学ぶことができた。その素晴らしさをぜひ皆さんにも感じていただきたい」とコメントした。

これは、国民的存在としての嵐を決定付ける総仕上げの仕事であった。そして、『紅白』の司会につながっていく。 つまり、嵐は昨年来、たんに歌をヒットさせるとか、レギュラー番組をふやすとか目先のビジネスではなく、「観光立国ナビゲータ」就任をテコに、「国民的スターになる」という戦略に沿った仕事を一貫して行ってきたのだ。

ニッポンの嵐 ポケット版

ニッポンの嵐 ポケット版

  • 作者: 嵐
  • 出版社/メーカー: M.Co.(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2011/06/30
  • メディア: 単行本


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 嵐に始まり嵐に終わる  |  嵐の明日に架ける旅、その真相 »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート