赤西仁と黒木メイサの前途多難な結婚騒動 - 芸能資料館

赤西仁と黒木メイサの前途多難な結婚騒動


赤西仁と黒木メイサが突然結婚を発表した。
金髪のバックダンサーと熱愛といわれていた赤西仁は、黒木メイサと熱愛と報じられた。
黒木メイサとの関係は、2年前に興味深いことがあった。

「東京スポーツ」では、まず2010年6月25日付の記事で「極秘プロジェクト」と題し、大物音楽プロデューサー小林武史のもと、今夏にも黒木メイサとデュエットを組み、CDをリリースするという話が掲載された。
音楽関係者が声を潜めて明かす。
「あの小林武史さんプロデュースのもと、黒木さんとデュエットを組んで、早ければ今夏にも大手レコード会社からCDをリリースするそうです。一部では小林さんによる“引き抜き”とも報じられましたが、移籍や独立ではなく、赤西のソロ活動の一環のようです。ジャニーズ事務所も、この件については全面バックアップしていくそうですよ」
だが、同紙6月30日付の赤西仁帰国インタビュービューでは、饒舌にいろいろ語ってはいたものの、黒木メイサのことについては へたくそにとぼけていた。
−小林さんプロデュースで黒木メイサさんとデュエットする話(今夏にCDを発売する方向で調整中であることを本紙は25日付芸能面で報じた)もある。
赤西 (わざとらしく) え? 誰?くるき…メイサ? 知らないっすね。その話も聞いたこともない。マジで何が起きてるんすか。
−では、デュエットはないと
赤西 知らないっすよ。メイサちゃんに確認してください。
いずれにしても、赤西仁浮上の話題づくりに、黒木メイサを絡ませようという企画だった。

だから、今回もそうなのかと思いきや、今回は突然「結婚」ということになった。

しかし、あまりにも突然すぎた。芸能人は仕事の関係で、結婚に当たっては根回しが必要なのである。赤西仁には甘いはずのジャニー喜多川でさえ、こうコメントしている。
交際報道を双方の事務所が否定してからわずか2週間。赤西の電撃結婚に喜多川社長も驚きを隠せなかった。ニュースで結婚を知ったという社長は、「急もいいとこ。何の話かと驚くばかりですよ」と事後報告に、目を丸くするしかなかった。

喜多川社長の元に赤西から電話連絡があったのは、報道が出た9日。これまでもアメリカ留学など、意志を貫き奔放に行動していた赤西を支えてきた喜多川社長だが、今回のことには「自分一人でやってきて立派なことだけど、責任ある態度を取らないと」と苦言。さらに妊娠説もある黒木がCMを多く抱える人気女優であることに触れ「彼女も仕事をしている。女性に迷惑かけないようにしないと」と“道”を説いた。

赤西はすべてが事後報告だったが、ほかのタレントについては「安心している。みんないいキャラクターだし、迷惑をかけちゃいけないといつも言っている」と信頼、今後もタレントに事前報告義務などは課さないそう。「彼(赤西)は独立的だから」と“例外”扱いもチラリ。
デイリースポーツオンライン(2012年2月11日)

それとともに、もうひとついわれたのが「格差婚」である。
CMで稼ぎまくっている黒木メイサとの関係は、「ヒモ夫」だというのが赤西仁への評価である。
「入籍した2日に赤西とメイサは、渋谷の東急ハンズで仲良くお買い物。どうも買っていたのは生活必需品だったようですよ。すでに同居も始めているみたい」(ワイドショー関係者)

 ツーショットで堂々と出歩く姿が都内などで頻繁に目撃されていたことは本紙昨報通りだが、デートの際は、普通のカップルとはちょっと違った光景が見られたという。

「実は食事などの支払いはほとんど、メイサさんがやっていたというんです。カップルの中には、自分の財布を女性に渡して支払いを頼むケースもありますが、メイサさんは自分の財布から現金を支払っていたそうです。その場画を目撃した人は『赤西さんはあまり稼いでいないんですかね?』と笑っていました」(ある事情通)

 確かにドラマにCMに引っ張りだこの黒木に比べ、赤西の収入はかなり少ないといわれている。

「ジャニーズでは明確なランク付けがあり、落ち目の赤西クラスだと多いときで月に数十万円くらいじゃないですか。全米進出はしましたが、“持ち出し”の方が多く、たいして稼いでいないはずですよ」(芸能プロ関係者)

 結婚前から“ヒモ同然”だった赤西だが、今後はさらに厳しい現実が待っている。というのも、事務所の実力者2人を敵に回してしまったからだ。

 東山紀之(45)は9日、テレビ朝日系のスペシャルドラマ「必殺仕事人2012」の会見で、事務所の後輩・赤西に対し「後輩もたくさんいて先輩もちゃんとしてるから、それぞれの考え方でやっていくこと」と意味深にアドバイス。さらに夫婦円満の秘訣については「大人はルールがある。そのルールに基づいて生きていくべき」と語り、事務所に内緒で入籍したことを暗に批判した。

 また、東山以上に怒り心覇といわれるのが滝沢秀明(29)だ。「赤西の動向に罪して滝沢は、KAT-TUNにいた時から目を光らせていた。ジャニーズ内では結婚したくてもできないタレントは大勢いるんですから、滝沢が怒るのは目に見えてますよ」(芸能プロ関係者)

 ジャニーズ内で滝沢は、後輩タレントの教育係の役割を担っているが、何度注意しても赤西だけは教育できず、滝沢のメンツは丸潰れ。それだけではない。別の芸能プロ幹部がこう解説する。

「ジャニーズは、社長であるジャニー喜多川さんかやることに口出しはできないのですが、唯一苦言を言えるのが滝沢なんです。ジャニーさんのやっているオーディションにも立ち会うくらいで、発言力は絶大ですよ」
 その滝沢が行動を起こせば、いま水面下で動いている赤西の仕事が頓挫するのは確実だ。

「赤西は歌手として活動はドラマの話も進んでいるそうなんです。以前、反町(隆史)さんがやった『GTO』(フジテレビ系)の続編ドラマを、赤西主演でやる話が動いているんです。でも今回の一件で、どうなるか分からなくなりましたね」(ある芸能プロマネジャー)

 まさに四面楚歌。このままでは赤西の収入はさらに激減し、黒木に全て頼らなくてはならなくなるが、そちらも厳しい(別項参照)。今は黒木と幸せ絶頂だろうが、周囲を無視した暴走の代償は、限りなく大きそうだ。
「東京スポーツ」(2012年2月12日付)

いずれにしても、赤西仁と黒木メイサの前途は厳しそうだ。

Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤A)(2枚組DVD)

Yellow Gold Tour 3011(初回限定盤A)(2枚組DVD)

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 赤西仁と黒木メイサ、祝福され…  |  森田剛 母 ブログ騒動と失恋 »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート