萩本欽一、ザ・ドリフターズとの「戦争」の真相を語る - 芸能資料館

萩本欽一、ザ・ドリフターズとの「戦争」の真相を語る


萩本欽一(コント55号)とザ・ドリフターズの仲はどうだったのか。70年代序盤の「コント55号の世界は笑う」(フジテレビ系)と「8時だヨ!全員集合」(TBSテレビ系)の「土曜8時戦争」を覚えている人にとっては、いまさらながらも知りたいところだ。実は仲は良かった、と述懐しているのは、萩本欽一の連載、『アサヒ芸能』(11.21特大号)の「人生ってめぐり愛だよね」である。
アサ芸萩本欽一19.png

コント55号といえば、60年代後半、お笑いに新しいスタイルを吹き込んだ。それまでの笑いは、漫才のようなしゃべり芸や、クレージーキャッツのような「大人の笑い」で、比較的「静」の世界だったが、コント55号の火がついたような笑いの畳み掛けと躍動感は新鮮だった。

しかし、70年代に入ってからは、クレージーキャッツもコント55号も、メンバー個々の活動が中心になった。

その一方で、ザ・ドリフターズは、旧来の稽古で完成させた構成を前提に、シモネタも含めたPTAによるバッシングを受ける毒のあるギャグで70年代の視聴率王に君臨した。

萩本欽一は連載で、コント55号はそのザ・ドリフターズとどんな関係だったのか、なぜコント55号の「コント55号の世界は笑う」は、ザ・ドリフターズの「8時だヨ!全員集合」に敗れたのかの自己分析などを述べている。



「ドリフ」(「ザ・ドリフターズ」)と「コント55号」はずっとライバルだと言われてきました。
 確かに番組同士がぶつかり合っての視聴率合戦で、「土曜8時戦争」とマスコミで取り上げられました。

 ただ、お互いにそれほど仕事にも追われてなかった68年頃までは、プライベートでもすごく仲がよかったんです。(中略)
「コント55号の世界は笑う」(フジテレビ系)がスタートしたのは68年。
 69年に入ると、同じ時間帯で「ドリフ」の「8時だヨ!全員集合」(TBSテレビ系)が始まりました。
 カトちゃんたちと、どちらからともなく「ライバル視されてる同士だし、これからはプライベートではなるべく会わないようにしよう」と、なってしまいました。
「土曜8時戦争」の結果ですが、「世界は笑う」は「全員集合」にコテンパンにやっつけられ、番組は2年で打ち切りになります。
 正直、何で視聴率であんなに差をつけられたのか、当時はわかりませんでした。
 4年後の74年、僕は胆石の手術で日本医大病院に入院します。
 その時、テレビばかり見ていました。そして、どうして「世界は笑う」が「全員集合」に負けたのかわかりました。
 チョーさんたちは、1週間、たっぷりと番組の企画を考え、リハーサルを何度も繰り返して本番に臨みます。
 一方の僕たちは、番組のプランなんて2〜3時間しか考えないでやっていました。
「コント55号」って、いちばんピークの70年には17本のレギュラー番組に出ていました。これでは一つの番組をゆっくりと考えてる余裕なんてありません。(中略)
 僕は病院のベッドで、テレビのブラウン管に映っているチョーさんに頭を下げました。
「チョーさん、わかりました。あなたの努力に僕は最敬礼です」
 この経験があって、僕は自分で考えた手作りの番組をやりたいと思うようになりました。


その後の「萩本欽一」の冠番組は、そうした反省にたって作られたから、のちに「視聴率100%」と呼ばれる成功を収めたわけだ。

それにしても、大物同士の不仲はマスコミでよく言われる。

ひところは、タモリとビートたけしがそうだった。

しかし、現実に彼らは番組で共演している。

桜田淳子と山口百恵も不仲が言われたことがあったが、やはり山口百恵の著書『蒼い時』で、何をやっても不仲ありきで取り沙汰されるので、お互い距離を置くようになったことが書かれている。

要するに、実際の人間関係と、マスコミが報じる関係は違うのかもしれない。

まあ、なんだかんだ言っても同じ業界で頑張ってきた者同士。外部にはわからない連帯感があるのかもしれない。

ところで、連載の中には、加藤茶と小山ルミの関係についても書かれている。

こちらは、マスコミの指摘通りだった。

アサヒ芸能 2013年 11/21号 [雑誌]

アサヒ芸能 2013年 11/21号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/11/12
  • メディア: 雑誌

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 田中聖、写真流出危機に怯える…  |  石立鉄男、堀尾正明を焦らせた… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート