池上季実子&岩崎宏美、明石家さんま&大竹しのぶの“本当の話”暴露 - 芸能資料館

池上季実子&岩崎宏美、明石家さんま&大竹しのぶの“本当の話”暴露


池上季実子と岩崎宏美。彼女たちは堀越高校の同級生である。そして、池上季実子は『男女七人夏物語』、岩崎宏美は『男女七人秋物語』に出演した。当時、共演が話題だったのは明石家さんまと大竹しのぶ。『週刊現代』(2014年4月26日号)の「池上季実子×岩崎宏美「芸能界のこと、何でもバラしちゃうわよ(笑)」という対談コーナーでそのことに触れているのだ。当時のファンなら興味深い話である。
池上季実子は女優で、岩崎宏美は歌手を本業とする。しかし、彼女たちには接点がある。

ひとつは堀越高等学校の同級生ということである。

もともと、池上季実子はノートルダム女学院、岩崎宏美は成城学園と、ともに名門の中高一貫校に在籍していたが、芸能活動をしやすいために、当時の芸能人の定番であった堀越学園に入っていた。

そして、2人とも鎌田敏夫の代表作の1つである『男女七人夏物語』と、その続編の『男女七人秋物語』に出演している。

そして2人とも、せっかく主人公の今井良介といい関係になっていながら、大竹しのぶにとられてしまうという全く同じ役どころを演じているのだ。

当時、明石家さんまと大竹しのぶは話題の2人だった。それらの作品で一気に距離が縮まり結婚にたどりついたともいわれている。

その当時の話を、池上季実子と岩崎宏美がしているのだ。

週刊現代・池上季実子と岩崎宏美.png

岩崎 『男女7人夏物語』(TBS)のときもヒットの予感があった?
池上 ええ。主演の明石家さんまさんにも伝えたわ。「これは行くよ!」って。彼は「何を言うとるんですか」と信じなかったけど。
岩崎 私も続編の『秋物語』に出演させてもらって。確かにみんな仲良しで、チームワークができていた。
池上 脚本は鎌田敏夫さん。出演者全員、本人のキャラクターと役柄が近くて、「なぜ鎌田さんは会ったこともない私たちのことが分かるの?」と不思議だった。
岩崎 私もそうだった。
池上 私の場合、プライベートな出来事まで物語と偶然一致して、怖くなるほどだった。私が演じていた千明が妹(大沢逸美)に、「ごめんね、お姉ちゃんだけ逃げてしまって」と、実家を出たことを謝るシーンがあるんだけど、当時、私自身も離婚寸前だった両親のマンションから、弟を残して出て行ったばかりだった。まさに弟に「ごめんね、お姉ちゃんだけ」と言って。
 ところで、当時、さんまさんと大竹しのぶちゃんの関係には気付いていた?
岩崎 全然。私はまったく分からなかった。
池上 私は「もしかして」と思ってたのよ。あるときなんて、しのぶちゃんの腕時計を見たら、さんまさんとおそろい。思わず、「あら、さんまさんと同じね」と言ったら、しのぶちゃんが慌てて腕を引っ込めた。「あれ、いけないこと言っちゃったかな」って感じだった(笑)。
岩崎 そうかぁ。フェリーにみんなで乗るシーンで、二人が手をつないでいたことがあったの。現場に一緒にいた私のマネージャーは「もしかすると、二人は付き合っているのでほぞ」って言ったんだけど、私は「寒かっただけなんじゃないの」で済ませちゃった。
池上 宏美らしいわね(笑)。


要するに、岩崎宏美は、劇中の荒三丸の跡取りそのものの、色恋は奥手なキャラクターそのものだったが、それでも“らしき”ことは感じられたという話だ。

なかなか興味深い話である。

週刊現代 2014年 4/26号 [雑誌]

週刊現代 2014年 4/26号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/11
  • メディア: 雑誌

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 江川卓、巨人“空白の1日”入…  |  『絞死刑』で大島渚監督が表現… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート