加藤治子さん、6〜7年前乳がんで「余命5ヶ月」だった!? - 芸能資料館

加藤治子さん、6〜7年前乳がんで「余命5ヶ月」だった!?


加藤治子さんが亡くなったのが今月2日。未だにトレンドキーワードだが、FNNによると、交際のあった樹木希林が、加藤治子さんの病気について興味深い発言をした。「今から6〜7年前、その時に(加藤さんが)『余命5カ月と言われた」と。ただ『乳がんになるとは思わなかったわね』って言ってましたね。治療に行って、それからもう、6年ぐらいたつでしょ?」と話したという。


今回の死亡は乳がん由来なのか、乳がんは完治して別の原因によるものなのだろうか。

いずれにしても、加藤治子さんは、2009年を最後に事実上引退しているので、乳がんであったことは事実なのかもしれない。

加藤治子さんについては、映画、テレビドラマに多数出演しており、その実績は豊富。

昭和のお母さんといわれるだけあって、そのほとんどは「いいお母さん」だった。

報道がまず取り上げているのは、『七人の孫』という、TBSのナショナル劇場、かつては『水戸黄門』がレギュラー放送された時間帯である。

そこでは、森繁久彌を祖父とする、文字通り7人の孫を登場させたが、「親」が加藤治子である。

ここでの出演者、森繁久彌、大坂志郎、加藤治子、そして脚本家の向田邦子は、今度はNET(テレビ朝日)のナショナル劇場でまた仕事をする。

今度は、『だいこんの花』という、5度続いた人気ドラマシリーズである。

その『新だいこんの花』で、加藤治子は、大坂志郎の後添えという役だった。

ストーリーは、森繁久彌と竹脇無我の父子が主人公。森繁久彌は、戦時中艦長で、近所に住むその部下たちを未だに便利に使い振り回している。

一方、竹脇無我は、早く亡くなった母親への思いが強いが、それは加藤治子の2役である。

新だいこんの花

タイトルの『だいこんの花』とは、「だいこんの花のように清楚で美しかった亡き妻(母)」という父子の思いを表現したものである。

ところが、竹脇無我の前に現れる女性たちは、それとは少し違う人達である。

しかし、外見は違っても、中身は「だいこんの花」であることに気づき、結婚するという話である。

一方、森繁久彌は、亡くなった妻に似ている加藤治子に弱い。

加藤治子は、森繁久彌にいくら振り回されても、おほほと笑っているから、森繁久彌は、ますます亡き妻への幻想を強固にするとともに、大坂志郎夫人に夢中になる。

激情的な役もこなす


映画では、『花いちもんめ』(1985年、東映)という作品に出ている。

これは、アルツハイマー型痴呆症(認知症)になった考古学者(千秋実)の妻の役である。

こちらは、他の作品に比べると、より感情が表に現れた役である。

自分が心臓発作で入院中、夫(千秋実)がボケて、嫁(十朱幸代)とキスをしたことを知り、心臓発作を再発させてしまうのだ。

ボケた老人の夫に嫉妬する。

テレビドラマで彼女が演じる通常のキャラクターでは、「いいのよ、ふふふ」と言って感情を押し殺すのに、何と生臭いキャラクターであろう。

もっとすごかったのは、『死に花』(2004年、「死に花」製作委員会/東映)である。

死に花

藤岡琢也が演じる源田金蔵の恋人役だったが、金蔵が亡くなったら、一緒に棺に入って焼かれてしまうのである。

焼いた棺を取り出したら、寄り添うように2人目の骨が入っていたのだ。

これはもう壮絶である。

しかも、実生活で離婚した高橋昌也とのツーショットシーンまであった。

加藤治子さんの、生前のご遺徳をお偲び申し上げます。

死に花 [レンタル落ち]

死に花 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
« 川崎敬三さんは、なぜ4ヶ月も…  |  東宝クレージー映画を振り返る… »
Copyright © 芸能資料館 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート